「微力ながら応援しています」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「微力ながら応援しています」とは?ビジネス用語

この記事では、ビジネス上でも見聞きする事もある「微力ながら応援しています」の意味や使い方に関して、分かり易く解説致します。

「微力ながら応援しています」とは?意味

微力ながら応援していますは、びりょくながらおうえんしていますと読むべき言葉です。

文字で書かれたこの言葉を目にすれば理解出来る事でしょうが、自分の力量をへりくだっていう語である微力ながらの文字に、味方となったり助力するという意味の応援していますの文字を付け足す事で誕生した言葉となっています。

以上の事から微力ながら応援していますは、少しの力しかありませんが力添えします、といった意味を表すのです。

「微力ながら応援しています」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

微力ながら応援していますは、力不足でしょうが助力します、といった意味に使われる言葉となっています。

つまりは相手に協力したり、味方になるという意思を伝える際に用いられる言葉です。

とはいえ、微力ながらの言葉は自分をへりくだって言う謙譲語であり、後に続いている、応援していますの文字も、丁寧な言い回しとなっています。

だからこそ敬うべき相手に対して使う言葉であるため、ビジネスシーンにおいては部下の様な目下の相手に対して使用するには、大仰過ぎる言葉となるのです。

ただし、応援していますは丁寧さはあるものの、敬意という面では幾分弱めであるため、ビジネス上では、取引相手や馴染みのない上司に使うのは避けた方が無難だったりします。

そのためビジネス上では、この微力ながら応援していますは、馴染みのある先輩や身近な上司といった目上の相手に対して、駆使すべき言葉であると言えるのです。

「微力ながら応援しています」を使った例文

・『先輩の提案した企画が成功する様に、微力ながら応援しています』

「微力ながら応援しています」の返答や返信

微力ながら応援していますは、僅かな力しかありませんが力添えします、という意味に使われる言葉となっています。

相手に協力する事や味方であるという意思表示をする言葉ですが、言い回し自体には丁寧さがあるため、部下の様な立場的に下と言える人物に対して使うには、大仰過ぎて相応しくありません。

身近な先輩や上司といった目上の相手に対して、使用する言葉となっています。

逆に言えばこの微力ながら応援していますに、返答や返信するのは、立場的には上の人物となるのです。

なので返答や返信例としては、応援ありがとう、とか、応援感謝しているよ、といった言葉が想定されます。

まとめ

微力ながら応援していますは、少しの力しかありませんが力添えします、といった意味の言葉です。

とはいえそれなりに丁寧さのある言葉なので、部下の様な目下の相手に用いるべき言葉ではありません。

更に取引相手の様な社外の人物に使うには、やや丁寧さが足りない言葉です。

故に身近な先輩や上司、といった相手に使うべき言葉と言えます。

タイトルとURLをコピーしました