「平素より」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「平素より」の敬語とは?ビジネス用語

「平素より」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「平素より」の意味

「平素より」は、「平常時から」「普段から」と同じような意味で使用できる言葉です。

「平素」「へいそ」と読みます。

これは、「平」という漢字が、「普通の状態」を示します。

つまり、起伏がなく、たいらであることを「平」という漢字で表現しているのです。

また、「素」とは装飾のない状態、ありのままの状態を意味しています。

これを組み合わせて「平素」とすることで、いつも通りの飾らない状態のことを表現しているのです。

これらのことから、「平素より」が、「平常時から」「普段から」と同じような意味で使用できる言葉であると分かるのです。

「平素より」の敬語での使い方や表現方法

「平素より」を単独で敬語に言い換える事はできません。

ここには敬語に言い換えるべき言葉が含まれていないのです。

これを敬語にする場合は、「平素よりお世話になっています」のように、組み合わせる言葉で工夫するべきです。

この場合は「お世話になっています」という丁寧語を用いた表現になるのです。

たとえば、取引先に電話したとします。

そして、まずは普段世話になっていることを、伝えることにしたのです。

このような場面で、「平素よりお世話になっています」と言うとよいでしょう。

これによって、普段から世話になっていることを、上手に表現できるのです。

また、「平素より」を別な敬語と組み合わせる方法もあります。

たとえば「平素よりお世話になっております」で謙譲語になります。

また、「平素よりお世話されているそうです」「平素よりお世話なさっているそうです」のように、尊敬語にする手段もあるのです。

このように、「平素より」に敬語を組み合わせて表現できる事が分かります。

同じような意味でも、敬語の選び方次第で印象の違う表現を作り出せるのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。

「平素より」の言い換えや使用例

・『貴社には、平素よりお世話になっています』
・『皆様には、平素よりお世話になっております』
・『自分の部下を、平素よりお世話されているようです』
ここでは、「平素より」の使用例を挙げています。

例文のように、前段に言葉を少し加えると、自然な表現になります。

また、「平素より」に組み合わせる言葉を工夫すると、色々な敬語表現を作り出せるのです。

まとめ

このように「平素より」は、「平常時から」「普段から」と同じような意味で使用できる言葉です。

ビジネスでも使える言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました