「如才ない」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「如才ない」の敬語とは?ビジネス用語

「如才ない」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「如才ない」の意味

「如才ない」は、気が利いていて抜かりのない様子を表現した言葉です。

「如才」「じょさい」と読みます。

これは、「抜かり」と同等の意味を持つ単語なのです。

これを「如才ない」とすれば、「抜かりない」と同等の意味になります。

つまり、しっかりと気が利いていて、抜けや漏れがないような様子を「如才ない」という言葉で表現できるのです。

これらのことから、「如才ない」が、気が利いていて抜かりのない様子を表現した言葉であると分かるのです。

「如才ない」の敬語での使い方や表現方法

「如才ない」を敬語にすると、「如才ないと思います」と表現できます。

通常「ない」の丁寧語は「ありません」ですが、「如才ありません」という使い方はあまりされません。

そのため「思う」と組み合わせて丁寧語にすると、自然な表現にできるのです。

たとえば、上司から仕事の段取りについて、問題ないかと質問されたとします。

そしてその仕事は、抜かりない状態になっていたのでした。

このような場面で、「その件に関しては、如才ないと思います」と言うとよいでしょう。

これによって、手抜かりのないような様子を上手に表現できるのです。

また、「如才ない」を別な敬語にする方法もあります。

たとえば「如才なき人物です」のように、表現する方法もあります。

また、「如才なきように思えます」のように表現する手段もあるのです。

それ以外にも、「抜かりない」という言葉を色々な表現で使用できると分かります。

同じような意味でも、言葉の使い方次第で印象の違う表現にできるのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。

「如才ない」の言い換えや使用例

・『あの人は、とても如才ない人物です』
・『部長は、如才のない方でございます』
・『彼は、如才なき方とうかがっております』
ここでは、「如才ない」の使用例を挙げています。

例文からも分かる通りに、前後に言葉を付け加えることによって、自然な印象の表現にできます。

また、「如才ない」を変化させることで、それぞれ違う印象の表現として活用できるようになるのです。

まとめ

このように「如才ない」は、気が利いていて抜かりのない様子を表現した言葉だと言えます。

ビジネスでも使える言葉ですので、しっかりおぼえて活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました