「別の見方をしますと」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「別の見方をしますと」とは?ビジネス用語

この記事では、ビジネスシーンでも見聞きする事がある「別の見方をしますと」の言葉の意味や使い方を、説明致します。

「別の見方をしますと」とは?意味

別の見方をしますとは、べつのみかたをしますとと読むのが正解な言葉です。

文字で記されたこの言葉を目にすれば理解出来る事ですが、違うという意味を持っている別のの文字に、考え方をや見る方法をといった意味の見方をの文字を加え、何かを行うという意味を丁寧に表現した、しますとの文字を付け足す事により完成した言葉となっています。

故に別の見方をしますとは、違う考え方に基づくと、といった意味を表すのです。

「別の見方をしますと」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

別の見方をしますとは、違った捉え方をすると、という意味に用いられる言葉となっています。

相手の意見や考えに対して、納得出来なかったり賛成出来ない時があるものです。

ですが真っ向から間違いを指摘して違う意見を言うと、相手の機嫌を損ねたり気まずい雰囲気になります。

所がこの、別の見方をしますとの言葉を使えば、相手の考えや意見を否定する事なく、自分の考えや意見を述べる事が出来るので、そういった際の前置きの言葉として使われる事が多いです。

ただし相手の気分を損ねたくないという気持ちに基づき使用する言葉であり、使うべき相手は気遣いが必要となる相手だったりします。

お陰でビジネス上では、部下の様な目下の相手に使うのはでなく、取引相手や上司等の目上の相手に使用される事が多いです。

「別の見方をしますと」を使った例文

・『確かに彼の仕事の遅さは気になる所ですが、別の見方をしますと、仕事振りは丁寧なので急ぎではない仕事に関しては信頼出来ます』

「別の見方をしますと」の返答や返信

別の見方をしますとは、相手の意見や考えに賛同出来ず、自分の意見を言いたい時の前置きの言葉として使用されたりします。

もっとも相手の意見等を否定する事なく、自分の意見を言いたい際に駆使される言葉であり、基本的に上司や取引相手といった目上の人物に対して用いる言葉です。

逆に言うと、この別の見方をしますとに、返答や返信を行うのは、立場としては上の人間となります。

だからこそ好意的な返答や返信例としては、なるほどや、確かにそういった見方もあるな、といった言葉が想定可能です。

まとめ

別の見方をしますとは、違う捉え方をすると、といった意味の言葉として使われているのです。

より具体的には、相手の意見を否定する事なく、自らの意見を言いたい時に前置きの言葉として駆使されていたりします。

相手の機嫌を損ねたくないという意図が込められている事から、この言葉は部下の様な目下の相手に使用するものではありません。

気遣うべき取引相手や上司といった、目上の人物に対して利用すべき言葉となっています。

タイトルとURLをコピーしました