「催促がましいようで」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「催促がましいようで」とは?ビジネス用語

当記事では、ビジネス上で使われる事も珍しくない「催促がましいようで」の言葉の意味や使い方に関して、説明します。

「催促がましいようで」とは?意味

催促がましいようでは、さいそくがましいようでと読むのが正解な言葉です。

文字で書かれたこの言葉を見れば明らかな事となりますが、早く行う様に要求する事といった意味を持っている催促の漢字に、~に似ているようで等の意味がある、がましいようでの文字を付け足す事によって完成した言葉となっています。

だからこそ催促がましいようでは、何だか催促をしているみたいで、という意味を表すのです。


「催促がましいようで」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

催促がましいようでは、如何にも催促しているみたいで、という意味の言葉として使われています。

急ぎの仕事や用事といったものを頼んでいる相手に対して、出来るだけ早くそれを実行して欲しい時があるものです。

その様な際に、その気持ちを気遣いながら相手に伝える言葉として、この催促がましいようでの言葉が用いられています。

ただしある程度気遣いが必要な相手に対して駆使する言葉であるため、ビジネスシーンにおいては、部下の様な目下の相手に使うわれてはいません。

基本的には、同格以上の立場の相手に使われている言葉ですが、上司や取引相手といった目上の相手に使うには、敬意が不足しています。

なので催促がましいようで申し訳ありませんが、という風に、申し訳ありませんがや恐れ入りますが、といった言葉が添えられる事が多いです。


「催促がましいようで」を使った例文

・『催促がましいようで申し訳ありませんが、至急対応して頂けると助かります』

「催促がましいようで」の返答や返信

催促がましいようでは、期限間近だったり期限が過ぎている様な、急ぎの頼み事を実行して欲しいという意思を相手に伝える際に使用される言葉となっています。

とはいえ直に用件を伝えると、相手の機嫌を損ねる恐れがあるため、気遣いながら頼み事をする際に用いられているのです。

そのためこの言葉は、気遣いが必要となる相手に対して利用する言葉であり、少なくとも立場的には同等か上の相手に対して使用されています。

だからこそこの催促がましいようでに、返信や返答を行うのは同等以上の立場の人物となるのです。

なので返答や返信例としては、承知しましたや、了解しましたといった言葉を挙げる事が出来ます。

まとめ

催促がましいようでは、まるで催促しているようで、という意味の言葉です。

要するに、何らかの急ぎの用件等を相手に早く実行して欲しい際に、気遣いながらその気持ちを伝える言葉となっています。

もっとも、気遣いが必要となる相手に使う言葉であるため、部下の様な目下の相手に使うには相応しくありません。

少なくとも同等か、目上の相手に対して駆使すべき言葉です。

タイトルとURLをコピーしました