「不退転の決意」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「不退転の決意」の敬語とは?ビジネス用語

「不退転の決意」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「不退転の決意」の意味

「不退転の決意」は、信念を曲げ無いように心に決めることを表現した言葉です。

「不退転」「不退転」と読みます。

これは仏教用語が語源になっています。

そして「退いたり転じたりしないこと」「不退転」という言葉で言い表しているのです。

また、「決意」は、「意思を決めること」を意味します。

これを組み合わせて「不退転の決意」とすれば、退いたり転じたりしないように意思を決めることを表現したものになります。

これらのことから、「不退転の決意」が、信念を曲げ無いように心に決めることを表現した言葉であると分かるのです。

「不退転の決意」の敬語での使い方や表現方法

「不退転の決意」を敬語にする場合は、語尾を付け加えるとよいでしょう。

この場合は、「不退転の決意です」と表現できるのです。

たとえば、ある事業を始めることにしたとします。

そして、成功するまで注力し続ける気持ちで取り組んでいたのです。

このような場面で、「この度の件に関しては、当社としても不退転の決意です」と言うとよいでしょう。

これによって、信念を曲げないような気持ちで取り組んでいることを、上手に表現できるのです。

また、「不退転の決意」を別な敬語にする方法もあります。

たとえば「不退転の決意であります」「不退転の決意でございます」と表現できます。

また、「信念を曲げないつもりです」のように、類似の言葉で代替するような方法もあるのです。

このように、「不退転の決意」を敬語と組み合わせる事ができると分かります。

同じような意味でも、組み合わせる言葉次第で印象が変化するのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。

「不退転の決意」の言い換えや使用例

・『当社は不退転の決意です』
・『私達も不退転の決意であります』
・『当社としても不退転の決意でございます』
ここでは、「不退転の決意」の使用例を挙げています。

例文からも分かるように、前後に言葉を付け加えると、自然な表現になります。

また、「不退転の決意」に語尾を加えれば、違う印象の表現にできるのです。

まとめ

このように「不退転の決意」は、信念を曲げ無いように心に決めることを表現した言葉だと言えます。

ビジネスでも使える言葉ですので、しっかりおぼえて活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました