「不行き届きで」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「不行き届きで」の敬語とは?ビジネス用語

「不行き届きで」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「不行き届きで」の意味

「不行き届きで」は、何かが行き届いていないことを表現した言葉です。

これは、管理や監督が行き届いていないような状況で使用されます。

「管理不行き届き」「監督不行き届き」のように、セットで使用されることの多い表現なのです。

また、「不行き届き」は、「行き届いていないこと」を表現した言葉です。

「行き届く」という動詞を名詞化すると「行き届き」になります。

これを否定形にしたのが「不行き届き」という言葉なのです。

これらのことから、「不行き届きで」が、何かが行き届いていないことを表現した言葉であると分かるのです。

「不行き届きで」の敬語での使い方や表現方法

「不行き届きで」を敬語にすると、「不行き届きでして」と表現できます。

この場合は、丁寧語の「です」を用いた表現になるのです。

たとえば、あなたの部下がミスしたとします。

そしてそのミスは、あなたの管理が不十分だったために発生したのでした。

このような場面で、「この件は私の管理不行き届きでして、皆様にはご迷惑をおかけしました」と言うとよいでしょう。

これによって、自分の管理が行き届いていなかったことを、上手に表現できるのです。

また、「不行き届きで」を別な敬語にする方法もあります。

たとえば「不行き届きでありました」「不行き届きでございまして」と表現できます。

また、「行き届いていませんで」「行き届いておりませんで」と言い換える手段もあるのです。

このように、「不行き届きで」という言葉を敬語で表現できる事が分かります。

同じような意味でも、言葉の選び方次第で印象の違う表現にできるのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。

「不行き届きで」の言い換えや使用例

・『管理不行き届きで失礼いたしました』
・『私の監督不行き届きでございました』
・『当方の配慮が行き届いでおりませんでした』
ここでは、「不行き届きで」の使用例を挙げています。

例文のように、前後に言葉を付け加えると、自然な表現を作り出せます。

また、「不行き届きで」を言い換えると、それぞれ違う印象の表現にできるのです。

まとめ

このように「不行き届きで」は、何かが行き届いていないことを表現した言葉です。

ビジネスでも使える言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました