「不手際があるかもしれませんが」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「不手際があるかもしれませんが」とは?ビジネス用語

この記事では「不手際があるかもしれませんが」について解説をします。

「不手際があるかもしれませんが」とは?意味

物事を処理する要領が悪いかもしれないけれど、という意味です。

「不手際」は、手際が悪いこと、物事を処理する要領が悪いことをいいます。

「手際」「不」で打ち消しています。

「かもしれません」「かもしれない」を丁寧な言い方にしたものです。

不確かな断定の意を表し、「まだ間に合うかもしれない」のような使い方をします。

「ません」は丁寧な打消しの表現です。

「不手際があるかもしれませんが」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、話し手側が不手際を起こす可能性があるときに用います。

物事を処理する要領が悪いかもしれないけれど、それでも何かをするときにこのような言葉を述べます。

たとえば、話し手がある事柄の手伝いをするとします。

この事柄ははじめて行うので、要領よくできないかもしれません。

それでも、手伝いはしたいという気持ちを話し手は持っています。

要領が悪いと、一緒に物事を行う人達に迷惑をかける可能性があります。

そのことをあらかじめ断っておく際に、この言葉を用います。

あらかじめ伝えておくと、不手際があったときにすぐに対応してくれたり、何も言わなかったときよりも相手の不快感が軽減したりすることが期待できます。

不手際があった場合には、謝罪をすることが望ましいです。

些細なことであっても、他人に不都合を与えてしまったので、謝罪をするようにしましょう。

何かを行っているときであれば、その場で伝えます。

時間が経ってしまった場合は、メールでもよいので、できるだけ早めに伝えましょう。

「不手際があるかもしれませんが」を使った例文

・『不手際があるかもしれませんが、何卒よろしくお願いいたします』

「不手際があるかもしれませんが」の返答や返信

要領が悪いところがあるかもしれないけれどよろしく、そういったことがあったら大目に見てください、などの意味で伝えられています。

何かあったときには、大目に見てあげるとよいでしょう。

しかし、大きな損失を出した場合は、厳しい態度をとらなければなりません。

こういった事態を防ぐために、不手際があってはならないことは、その人に頼まない方がよいでしょう。

相手の能力を考えて、その人にあった仕事を与えるようにします。

それによって、仕事の効率がよくなります。

まとめ

この言葉は、話し手側に要領の悪いところがあるかもしれないときに用います。

もしも不手際がありそうなときは、あらかじめ伝えるようにしましょう。

相手がそのことを知っていれば、適切な対応をとってくれるはずです。

タイトルとURLをコピーしました