「とんでもない」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「とんでもない」の敬語とは?ビジネス用語

「とんでもない」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「とんでもない」の意味

「とんでもない」は、相手の発言を強く打ち消すような場面で使用できる言葉です。

これは、「あるべきことではない」「決してそんなことはない」という意味で使用されます。

このようにすることで、相手の発言を強く打ち消すような言葉になるのです。

たとえば、相手が大きく間違えていた場合、もしくは相手から過剰に褒められた場合など、相手の発言を否定する目的で「とんでもない」という言葉を使用できます。

これらのことから、「とんでもない」が、相手の発言を強く打ち消すような場面で使用できる言葉であると分かるのです。

「とんでもない」の敬語での使い方や表現方法

「とんでもない」を敬語にする場合、「とんでもありません」と表現できます。

この場合は、語尾の「ない」を丁寧語の「ありません」に置き換えたものになるのです。

たとえば、上司から過大評価を受けたとします。

しかしそれは、あなたの実力ではなく、偶然の産物なのでした。

このような場面で、「そこまで評価いただくなど、とんでもありません」と言うとよいでしょう。

これによって、相手の発言内容を、強く打ち消す事ができるのです。

また、「とんでもない」を別な敬語にする方法もあります。

たとえば「とんでもございません」と表現できます。

また、「とんでもありません」「とんでもございません」は誤用とみなされることもあるので、「滅相もございません」などに置き換えてみるのもよいでしょう。

このように、「とんでもない」を敬語で言い換えられると分かります。

同じ意味でも、敬語の使い方次第で印象が変化するのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。

「とんでもない」の言い換えや使用例

・『そこまで評価されるとは、とんでもない』
・『完璧だなどとは、とんでもありません』
・『予算を制限しないなど、滅相もございません』
ここでは、「とんでもない」の使用例を挙げています。

例文のように、前段に否定の対象を明示すると、自然な表現にできます。

また、「とんでもない」を変化させれば、違う印象の表現にできるのです。

まとめ

このように「とんでもない」は、相手の発言を強く打ち消すような場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使える言葉ですので、しっかりおぼえて活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました