「しかしながら」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「しかしながら」の敬語とは?ビジネス用語

「しかしながら」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「しかしながら」の意味

「しかしながら」は、前段で述べた内容から転じるような場合に使用する言葉です。

これは「しかし」と同義の言葉だといえます。

つまり、逆接の言葉として使用できるのです。

たとえば、「この商品は高機能である、しかしながら高い」のように使います。

これによって、前半の内容から、後半の内容に話題が変わっているような表現になるのです。

つまり、高機能という良いことに対して、価格が高いという悪いこと述べています。

これらのことから、「しかしながら」が、前段で述べた内容から転じるような場合に使用する言葉であると分かるのです。


「しかしながら」の敬語での使い方や表現方法

「しかしながら」を単独で敬語にはできません。

これを敬語にする場合は、「しかしながら問題点があります」のように、組み合わせる言葉で表現するのです。

たとえば、とてもよい計画があったとします。

しかし、一点だけ大きな問題点があったのです。

このような場面で、「しかしながら問題点があります」と言うとよいでしょう。

これによって、ポジティブな評価の反面、悪い部分もある様子を上手に表現できるのです。

また、「しかしながら」を別な敬語と組み合わせる方法もあります。

たとえば「しかしながら問題点もございます」と表現可能です。

また、「しかしながら問題点もあるかと存じます」のように、謙譲語を組み合わせるような使い方もできるのです。

このように、「しかしながら」と敬語をセットで活用できると分かります。

同じような意味でも、組み合わせる言葉次第で印象の違う表現になるのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。


「しかしながら」の言い換えや使用例

・『しかしながら問題点があります』
・『しかしながら問題点がございます』
・『しかしながら問題点があるかと存じます』
ここでは、「しかしながら」の使用例を挙げています。

例文のように、前段の内容に応じた言葉を、続けて述べるようにするとよいでしょう。

また、「しかしながら」に組み合わせる言葉次第では、それぞれ違う印象の敬語表現にできるのです。

まとめ

このように「しかしながら」は、前段で述べた内容から転じるような場合に使用する言葉です。

ビジネスでも使える言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました