「お調べ致しますので少々お待ちください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お調べ致しますので少々お待ちください」とは?ビジネス用語

当記事では、ビジネス上でも使用される「お調べ致しますので少々お待ちください」の言葉の意味や、使い方を解説致します。

「お調べ致しますので少々お待ちください」とは?意味

お調べ致しますので少々お待ちくださいは、おしらべいたしますのでしょうしょうおまちください、と読むべき言葉です。

文字で表記されたこの言葉を目にすれば理解出来る事でしょうが、調べるという意味を丁寧に表現したお調べの言葉に、しますのでを謙譲語として表した致しますのでの文字を加え、少しの意味を持っている少々の漢字を付け、待っていてという言葉を丁寧に示したお待ち下さいの言葉を足す事により成立した言葉となっています。

以上の事からお調べ致しますので少々お待ちくださいは、今から調べるので少し待っていてください、という意味を表すのです。

「お調べ致しますので少々お待ちください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

お調べ致しますので少々お待ちくださいは、調べてみますので少しばかりお待ちください、という意味の言葉として利用されています。

ただし最初の、お調べという言葉を見れば即座に分かる様に、丁寧な言い回しの言葉です。

そのためビジネスシーンにおいては、部下の様な目下の相手に使う言葉ではありません。

気遣いが必要である立場的には上にあたる人間、特にお客の要望に応える際に、このお調べ致しますので少々お待ちくださいの言葉が使われる事が多いです。

「お調べ致しますので少々お待ちください」を使った例文

・『その件に関しまして、直ぐにお調べ致しますので少々お待ちください』

「お調べ致しますので少々お待ちください」の返答や返信

お調べ致しますので少々お待ちくださいは、調べ物をするが故に少しだけ待って貰いたい、という意思を相手に伝える際に用いられる言葉となっています。

とはいえ謙譲語が駆使されている等、丁寧な言い回しの言葉である事から、この言葉は気遣いが必要な目上の相手に対して使われているのです。

それもお客の要望に応えるという形式で用いられるケースが多く見られる言葉である事から、この言葉に返答や返信を行うのは、立場的には上の人物だったりします。

なのでこのお調べ致しますので少々お待ちくださいの、返答や返信例としては、分かりましたや、待っています、といった言葉が考えられるのです。

まとめ

お調べ致しますので少々お待ちくださいは、調べるので少しだけ待っていてくださいという意味の言葉として使用されています。

ただし所々で丁寧な言い回しが駆使されている事から分かる様に、敬うべき相手に対して使われる言葉です。

お陰で、部下の様に明確に目下の人間に対して利用すべきではありません。

ビジネスシーンでは特のお客に対して、用いられる事が多く見られる言葉となっています。

タイトルとURLをコピーしました