「お元気でお過ごしください」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お元気でお過ごしください」とは?ビジネス用語

この記事では「お元気でお過ごしください」について解説をします。

「お元気でお過ごしください」とは?意味

健やかに過ごしてください、といった意味です。

「お元気」「元気」を相手を敬う形にしています。

「元気」は体を動かす活力となるもの、体の調子がよいことを指します。

「お」をつけることで、相手に対する尊敬の意を表す言い方にすることができます。

「お過ごし」「過ごす」の連用形の「過ごし」を相手を敬う形にしています。

「過ごす」は、何かをして時間を使う、暮らすという意味です。

「ください」は、相手に何かを要望・懇願する意を表します。

「お元気でお過ごしください」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、メールでは最後の方で、会話では別れるときに用います。

用件だけ伝えてメールを終えると不自然です。

対面であっても、やはり何かしらあいさつの言葉が欲しいものです。

そこで、このような言葉を用います。

相手の体の具合を気にかける言葉です。

相手が大きな病気をしていないときに用いることが多くあります。

これからも体調を崩さないでください、という意味を込めています。

あまりにも体調が悪い人にこのようなことを伝えると、相手を不快にさせることがあります。

どのような状態なのか配慮をする必要があります。

「ください」を用いていますが、これは問題ありません。

命令のように聞こえることがある言葉ですが、この場合は命令をしているのではありません。

健康に気を遣って欲しいことは、「ご自愛」という表現もできます。

目上の人に対してや改まった場では、こちらの方が適しています。

「お元気でお過ごしください」を使った例文

・『暑い日が続きますが、どうぞお元気でお過ごしください』

「お元気でお過ごしください」の返答や返信

気を配ってくれており、そういった優しさを示してくれたのは、ありがたいことです。

その優しさや気遣いにお礼を伝えます。

そして、相手への気遣いも忘れないようにしましょう。

もしも体調が悪かったとしても、どんなに具合が悪いかと、具合が悪いことを自慢するような発言はしないようにします。

具合が悪いと気分が沈みがちで、後ろ向きな言葉が多くなってしまうかもしれません。

しかし、なるべくそういった発言は控えるようにします。

後ろ向きな言葉よりも、前向きな言葉をいわれた方が、いわれた方は嫌な気持になりません。

まとめ

この言葉は、相手の体の具合を気にかけるものです。

健康に過ごして欲しいという気持ちが込められています。

伝える相手によっては不快にさせてしまうので、相手の状態を考えて使うようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました