「私にとって」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「私にとって」とは?ビジネス用語

ここでは「私にとって」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「私にとって」とは?

「私にとって」は、このように使った自分にとって、その自分に対しては、といった意味になる表現です。

「この本は私にとってとても役に立つことが載っている」「私にとって大切なのはその点だけだ」のような使い方になり、あくまで自分に対してですが、そのような存在だということを表現するために用います。

これらの使い方ではどちらも自分にとって大切なもの、大事なものといった解釈で使っていますが、そうではないという用い方もすることができます。

「それは私にとってはどうでもいいことだ」などという使い方がその例にあたり、この場合にも、自分に対してどうでもいいと言っていることになり、このように使う本人基準でそれがどうなのかという表現として使われます。


「私にとって」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「私にとって」は、自分にとってはそうである、という使い方になるため、他の人から見てどうなのかといったことは考慮に入れる必要はありません。

つまり、内容として自分ならではの考え方や解釈で構わない使い方になるため、時にはそれに対してどうなのかといったようなことを言われる場合があるかも知れません。

ですが、この表現では自分としての主張をしているだけなので、人が「この講義は私にとって、いい勉強になりました」と言っていたとしても、自分から見てそうとは思わなかったのであれば、無理にその意見に同調する必要はなく、その人なりの感想だという受け止めをすれいいだけです。

口語、文章のどちらでも使われている表現で、ビジネスシーンでも自分はこう思う、こう考えるといった用い方でまま見聞きすることがあります。


「私にとって」を使った例文

・『私にとって、あの映画は忘れない名作の1つだ』
・『世間の評判はいいらしいが、私にとってはそれほどだとは思えなかった』

「私にとって」の類語や言い替え

・『私としては』
よく似た意味になる表現で、「私としては、そうとは思わない」のように、こちらも自分視点で何かをそのように思う、そう考えるといった使い方をするために用います。

そのまま言い替えになる時とそうとはならない場合があるので、全てのケースをこちらに置き換えることはできませんが、同様の意味で使うことができる表現です。

まとめ

「私にとって」は、このように使う自分基準でこう思う、こう考えるといった意味で使われる表現です。

人がどう思うかといったようなこととは関係なく、その人なり主張を表現するために用いられます。

タイトルとURLをコピーしました