「お目にかかれますのを楽しみにしております」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「お目にかかれますのを楽しみにしております」とは?ビジネス用語

「お目にかかれますのを楽しみにしております」とはどう使う?

ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈していきます。

「お目にかかれますのを楽しみにしております」とは?

「お目にかかれますのを楽しみにしております」という言葉は、これから初めて会うような相手、久しぶりに再会する相手などに対して、会える日を心待ちにしているという気持ちを伝える際に使われます。

また、あいさつ文の慣例的な言葉として使用されることが多く、明日会う約束をした相手に対して、「明日、お目にかかれますのを楽しみにしております」という言葉を使うことがあります。


「お目にかかれますのを楽しみにしております」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「お目にかかれますのを楽しみにしております」という言葉はそのまま敬語表現としてビジネスメールで使用することが出来ます。

メールで使用する際には、一通りの要件の説明が終わった後の一番最後の部分に「それでは、お目にかかれますのを楽しみにしております」といった形で使用することとなります。

会話で使用するケースは少ない言葉ですが、電話でやり取りをしていた相手と直接会うことになったときなどに、「お目にかかれますのを楽しみにしております」という表現が使われます。


「お目にかかれますのを楽しみにしております」の正しい敬語表現

「お目にかかれますのを楽しみにしております」という言葉は取引先の人に対して使用する敬語としては、そのまま使っても適切だといえるでしょう。

もう少しだけ丁寧な表現にするのであれば、「お目にかかれますことを楽しみにさせていただきます」とするとよいでしょう。

「お目にかかれますのを楽しみにしております」を使った例文

・『次回の会議の際には、課長様にお目にかかれますのを楽しみにしております』
・『それでは明日はお目にかかれますのを楽しみにしております』
・『早くお目にかかれますのを楽しみにお待ちしています』

「お目にかかれますのを楽しみにしております」の類語や言い替え

「お目にかかれますのを楽しみにしております」の類語や言い替えの表現としては、「お目にかかる」という言葉をストレートに「お会いすることを」と言い替えて「お会いすることを楽しみにしております」「お会いできることを楽しみにしております」と表すとよいでしょう。

まとめ

「お目にかかれますのを楽しみにしております」という言葉は、ビジネスメールで使用する機会が多い言葉です。

正しい使用方法をマスターしておくことで、取引先の相手との関係性も良いものとなります。

「自然にお目にかかれますのを楽しみにしております」と使うことが出来るようになるとメール作成もスムーズになります。

タイトルとURLをコピーしました