「どっちとも」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「どっちとも」の敬語とは?ビジネス用語

「どっちとも」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「どっちとも」の意味

「どっちとも」は、二つの選択肢を指し示す場面で使用できる言葉です。

たとえば「どっちとも言えない」と使用できます。

これは、二つの選択肢があること、そしてどちらを選ぶのも難しいような様子を言い表すものになります。

「どっち」は指示代名詞の一つです。

これは選択肢が二つの場合に使用します。

これが三つのケースでは「どれ」と言い換える必要があるのです。

また、これは対象が不明な場面で使います。

これが分かっていれば「こっち」「そっち」という言葉を選択するのです。

これらのことから、「どっちとも」が二つの選択肢を指し示す場面で使用できる言葉であると分かるのです。


「どっちとも」の敬語での使い方や表現方法

「どっちとも」を単独で敬語にはできません。

これを敬語にする場合には、「どっちとも言えません」のように、他の言葉を組み合わせて表現する必要があるのです。

この場合は、「言えない」を丁寧語で「言えません」に言い換えているのです。

たとえば、ある選択を求められていたとします。

しかしその選択には、YESともNOとも答えられないのでした。

このような場面で、「この件に関しましては、どっちとも言えません」と言うとよいでしょう。

これによって、二つの候補からどちらも選べない様子を、上手に表現できるのです。

また、「どっちとも」を別な敬語と組み合わせる方法もあります。

たとえば「どっちとも言えないでしょう」と表現できます。

また、「どっちとも申せません」のように謙譲語にする事も可能です。

さらに、「どちらとも言えません」のように、「どっち」を言い換えて使用する手段もあります。

これらのことから、「どっちとも」という言葉に他の言葉を組み合わせて敬語表現にできると分かります。

組み合わせる言葉次第で、様々な表現を作り出せるのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。


「どっちとも」の言い換えや使用例

・『これは、どっちとも言えません』
・『本件については、どっちとも言えないでしょう』
・『私からは、どちらとも申せません』
ここでは、「どっちとも」の使用例を挙げています。

例文のように、前段に少し言葉を加えると、自然な表現になります。

また、「どっちとも」に組み合わせる言葉次第で、様々な敬語表現を作り出せるのです。

まとめ

このように「どっちとも」は、二つの選択肢を指し示す場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使える言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました