「ご賞味あれ」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご賞味あれ」とは?ビジネス用語

「ご賞味あれ」というビジネス用語の「意味・使い方・例文・類語」を分かりやすく解説していきます。

「ご賞味あれ」とは?

「ご賞味あれ」とは、「(主にお店側がお客様に対して)おいしく味わって食べてください」という意味を持っているビジネス用語です。

「ご賞味あれ」の言い回しで使われている「賞味」には、「食べ物・飲み物の味を賞賛しながら味わう」「飲食物の味を褒めながら食べる・飲む」といった意味合いがあります。

「ご賞味」「ご(御)」は尊敬の意味を持っている接頭語であり「あれ」“ある”の命令形」になりますが、「飲食店・販売店がお客様への宣伝で用いる定型句」なので命令形であってもお客様に使っても失礼ではありません。

「ご賞味あれ」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「ご賞味あれ」の言葉は、「ビジネスメール・会話」で使われることは少なく、「レストラン・ケーキ屋(スイーツショップ)などの飲食店がマーケティングの宣伝広告」で定型句として使う使い方が多くなっています。

飲食店が自分たちが開発したりつくったりした商品である食べ物・飲み物に自信があるときに、「美味しく味わってください」の意味合いで使うのです。

使うときの注意点は、「宣伝文句以外の一般的なメールや会話で使うと、失礼な物言いや自信過剰なお店だと思われてしまうリスクがある」ということになります。

「ご賞味あれ」を使った例文

・『私どもの自信作であるコースの肉料理がこちらでございます、どうぞご賞味あれ』
・『バターキャラメルをたっぷりと使用した美味しいカフェラテです、ご賞味あれ』
・『季節感を感じさせるイチゴたっぷりのこのデザートをご賞味あれ』

「ご賞味あれ」の類語や言い替え

・『お召し上がりください』
・『食べてください』
・『ご試食されてください』
「ご賞味あれ」は自分・自社のつくっている飲食物に自信があるお店が、顧客に対して宣伝文句として使うことが多いフレーズです。

そのため、「目上の人」に対して不用意に使うと敬意に欠けた自信過剰な物言いとして受け取られる恐れがあります。

目上の人にも安心して使える同じ意味を持つ類語として、敬語の「お召し上がりください」があります。

気の置けない友達や知り合いに対してなら、「食べてください」で言い替えられます。

店頭でお客様に試食で食べてもらう場合には、「ご試食されてください・ご試食をどうぞ」と表現すると良いでしょう。

まとめ

「ご賞味あれ」というビジネス関連の言葉を詳しく解説しましたがいかがでしたか。

「ご賞味あれ」「美味しく味わって食べてください・味を褒めながら美味しく食べてください」の意味を持つ表現で、「飲食店の宣伝・広告のフレーズ」でよく使われます。

「ご賞味あれ」の意味・使い方・例文・類語を調べたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました