「都合がつきます」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「都合がつきます」の敬語とは?ビジネス用語

「都合がつきます」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「都合がつきます」の意味

「都合がつきます」は、予定や具合を調整できることを言い表した言葉です。

たとえば、「明日であれば都合がつきます」のように使用します。

このようにすると、相手の予定に自分の予定を合わせる事が可能なことを言い表す表現になるのです。

「都合」「他との兼ね合い」を意味します。

これは「具合」「予定」などの意味でも使用される言葉です。

また「都合がつく」とは、「予定を合わせられる」と同等の意味を持ちます。

これを「ます」を使って丁寧な言葉遣いにしたのが、「都合がつきます」という言葉なのです。

「都合がつきます」の敬語での使い方や表現方法

「都合がつきます」は既に敬語になっています。

ここでは、丁寧語の「つきます」という表現を用いているのです。

たとえば、ある仕事の打診を受けたとします。

しかし、来月からは重要な仕事が始まる予定になっていたのでした。

このような場面で、「今月中であれば、都合がつきます」と言うとよいでしょう。

これによって、予定を合わせる事が可能な様子を、上手に伝達できるのです。

また、「都合がつきます」を別な敬語にする方法もあります。

たとえば「都合がつくはずです」のように「です」を使った敬語表現にできます。

また、「都合を合わせられます」のように、「合わせる」で言い換える手段もあります。

この場合は、「予定を合わせられます」「予定を調整可能です」などに置き換えてみるのもよいでしょう。

このように、「都合がつきます」を敬語で表現できる手段が複数あると分かります。

敬語の使い方次第では、印象の違う表現にできるのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。

「都合がつきます」の言い換えや使用例

・『今月中は都合がつきます』
・『明日であれば都合を合わせられます』
・『来週ならば予定を調整可能でございます』
ここでは、「都合がつきます」の使用例を挙げています。

例文のように、前後に言葉を加えると、自然な表現を作り出せます。

また、「都合がつきます」を敬語で変化させれば、印象の異なる表現にできるのです。

まとめ

このように「都合がつきます」は、予定や具合を調整できることを言い表した言葉です。

ビジネスでも使える言葉ですので、しっかりおぼえて活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました