「どちらか決めて下さい」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「どちらか決めて下さい」の敬語とは?ビジネス用語

「どちらか決めて下さい」の敬語とは?

言葉の使用方法やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「どちらか決めて下さい」の意味

これは、二つの選択肢から一つに決めてほしいような場合に使用できる言葉だと言えます。

「どちらか」は、選択肢が二つであるとの意味を持ちます。

これが三つになると、「どれか」と表現することになるのです。

また、「どちらか」は選ぶ結果が不明であることを示します。

そのため、相手に答えを要求するような場面で使われるのです。

また、「決めて下さい」「決めてくれ」を尊敬語にしたものです。

「くれ」「下さい」にすると、相手に敬意を示す言葉になります。

相手に敬意を示しながら、「決める」という行為を要求するような表現になるのです。


「どちらか決めて下さい」の敬語での使い方や表現方法

これは既に敬語になっています。

ここでは、尊敬語の「下さい」を用いた敬語表現になっているのです。

たとえば、ある仕事を受注したとします。

そして、その仕事の担当者として、二人の候補者がいたのでした。

このようなときに、「案件の担当者について、どちらか決めて下さい」と伝えるとよいでしょう。

これによって、二人の候補者から一人を選んでほしいことを、上手に伝えられます。

また、「どちらか決めて下さい」は、別な形でも表現できます。

たとえば「どちらか決めていただきたい」で謙譲語にできます。

他にも、「下さいますか」「下さいませ」のように、語尾をアレンジする方法もあるのです。

さらに「決めて下さい」「お決め下さい」で置き換えてもよいでしょう。

このように、この言葉を使って様々な表現が可能であると分かります。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。


「どちらか決めて下さい」の言い換えや使用例

・『早くどちらか決めて下さい』
・『すぐにどちらか決めて下さいませ』
・『いますぐどちらかお決めいただきたい』
ここでは例文を挙げています。

例文からも分かるように、前段に少し言葉を加えることによって、自然な印象を持つ表現にできます。

また、「下さい」を言いかえる事で、違う印象を持つ敬語表現として使用できるようになるのです。

まとめ

このように「どちらか決めて下さい」は、二つの選択肢から一つに決めてほしいような場合に使用できる言葉だと言えます。

ビジネスでも使えますので、しっかりおぼえて活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました