「どちらがよろしいでしょうか」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「どちらがよろしいでしょうか」の敬語とは?ビジネス用語

「どちらがよろしいでしょうか」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「どちらがよろしいでしょうか」の意味

「どちらがよろしいでしょうか」は、相手が望む選択肢を問いかけるための言葉です。

「どちら」は二者択一の結果が不明な場合に使用します。

これが既に決まっていれば「こちら」「そちら」を使用するのです。

ここでは選択結果が分からないために「どちらが」という表現にしています。

また「よろしいでしょうか」「よいか」を丁寧な言葉遣いにしたものです。

ここでは「よい」という言葉に丁寧語の「です」を加えています。

そして「です」を疑問形に言い換えたのが「でしょうか」という言葉なのです。

これらのことから、「どちらがよろしいでしょうか」が、相手が望む選択肢を問いかけるために使用できると分かるのです。


「どちらがよろしいでしょうか」の敬語での使い方や表現方法

「どちらがよろしいでしょうか」は既に敬語になっています。

ここでは、丁寧語の「よろしいでしょうか」という言葉を使用しているのです。

たとえば、ある顧客を接客していたとします。

そしてその顧客は、二つの商品で悩んでいるのでした。

このような場面で、「この二つの商品ですと、どちらがよろしいでしょうか」と言うとよいでしょう。

これによって、相手が好ましく思っているほうがどちらなのかを、上手に質問できるのです。

また、「どちらがよろしいでしょうか」を別な敬語にする方法もあります。

たとえば「どちらがよろしいですか」と言い換える事が可能です。

他にも、「どちらが好ましいでしょうか」のように、類似表現で置き換える手段もあります。

さらに、「どちらがよいですか」と、シンプルに表現する事もできます。

このように、「どちらがよろしいでしょうか」を色々な形で表現できると分かります。

敬語の使い方次第で、印象の違う表現を生み出せるのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。


「どちらがよろしいでしょうか」の言い換えや使用例

・『東京と大阪なら、どちらがよろしいでしょうか』
・『洋食と和食でしたら、どちらがよろしいですか』
・『疑似体験するならば、上司と部下のどちらがよいですか』
ここでは、「どちらがよろしいでしょうか」の使用例を挙げています。

例文のように、前段に選択肢を明示すると、分かりやすい表現にできます。

また、「よろしいでしょうか」を言い換えれば、違う印象の疑問文として使用できるのです。

まとめ

このように「どちらがよろしいでしょうか」は、相手が望む選択肢を問いかけるための言葉です。

ビジネスでも使える言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました