「先般」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「先般」とは?ビジネス用語

ここでは「先般」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「先般」とは?

「先般」は、過ぎ去った過去のことに対して使われる言葉です。

「先般は本当にお世話になりました」といったような用い方になり、何のことなのかを特に明記せずに使うことができます。

それでは何のことか分からない懸念がある場合には、「先般の出張の際には~」などと何についてのことかを併せて使うことができ、口語で用いられることはまずなく、主として文章で使われる言葉です。

ビジネスシーンでもよく使われており、およそ1ヶ月くらい前のことまでを対象に用いられます。

先のように、使う方と使われる側がすぐにそのことだと分かるようなことが対象であれば、特にどのことだといった文言をつける必要はなく、その相手とここ最近に2回会ったといったような場合には、一番最近の出来事を指して使うものです。

「先般」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「先般」は、過去の特定の1日のこと、もしくは何日かの連続した間のこととして用いられます。

よって、「先般の社員旅行では~」のように使うこともでき、この場合は社員旅行の間を指して用いています。

ビジネスシーン以外でも使われることがあり、手紙を送り合う間柄で「先般にお会いしました時には~」などとよく用いられており、この場合も遡ってもおよそ1ヶ月程度までのことに対して使うことができます。

それより前のこととなると、以下の類語として紹介している方に置き換えて使うとよく、そちらであれば数年前のことに対しても使うことができるため、この「先般」とどれくらい前のことなのかによって使い分けるといいでしょう。

「先般」を使った例文

・『先般にお会いしました際にはお世話になりました』
・『先般の説明会ではありがとうございました。お陰で色々と勉強になりました』

「先般」の類語や言い替え

・『過日』
「かじつ」と発音し、前述の通り、数年前のことにも使うことができる言葉です。

「先般」はつい昨日のことにも用いることができますが、こちらは1週間は前になることから、更に以前のことに対して使われる言葉となっており、「過日は野球も嗜んだものです」のように使った時には、それが何年の前のことでも構いません。

尚、この言葉も口語で使うことはあまりなく、主に文章で使われます。

まとめ

「先般」は、それほど前のことではない過去のことを指して使う言葉です。

1ヶ月ほど前のことまでを対象に使われる言葉で、その時のことを表現するために用いられます。

口語ではまず使われないため、文章専用の言葉だと考えて構いません。

タイトルとURLをコピーしました