「すぐに参りますので」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「すぐに参りますので」とは?ビジネス用語

この記事では「すぐに参りますので」について解説をします。

「すぐに参りますので」とは?意味

あまり時間をおかないで行くという意味です。

「すぐに」は、あまり時間をおかないさまを表します。

何分、何時間、何日のことなのか、定義はありません。

その物事によって、どれくらいの時間を指すのかは異なります。

「参り」「まいる」のことで、「行く」の謙譲語・丁寧語、「来る」の丁寧語です。

この場合は、話し手が行くという意味で用いています。

「ます」は敬意を表す語です。

「ので」は、後に述べる事柄の原因・理由・根拠などを表します。

たとえば、「暑いので喉が渇いた」という場合だと、喉が渇いた理由が暑いことであるのを表します。


「すぐに参りますので」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この言葉は、話し手側がある場所にすぐに行くつもりであるときに用います。

「ので」の後には言葉を続けます。

ここで言葉を切ってしまうと、ではどうすればいいのか、だから何なのか疑問を持たれてしまいます。

たとえば、現場で問題があったので、すぐに行かなければならないときに用います。

工事現場で問題が発生しました。

そこには責任者がいるのですが、その人でも問題を解決できません。

問題を解決するためには、専門の技術を持った人が必要です。

そこで、その技術を持つ人に連絡をして、現場に来てもらうことにしました。

連絡を受けた技術者は、これから現場に行くと決めました。

その際に「これから行く」という意味でこの言葉を用います。

ある場所に向かうという場合、今すぐに出発する意味で「すぐに」を用います。

のんびり支度をしたり、出発をするのが翌日以降になる場合は、「すぐに」が意味するものではありません。


「すぐに参りますので」を使った例文

・『すぐに参りますので、そのままお待ちください』

「すぐに参りますので」の返答や返信

「ので」の後に何が伝えられるかによって、返す言葉が変わります。

待っていてくださいという場合は、あまり時間をおかずにこちらに到着するので、その場所で待っていましょう。

どこかに移動をしてしまうと、ある人が到着したときに自分がいない、という事態になってしまう可能性があります。

何もしないでくださいという場合は、何もせずにいましょう。

問題が起こった場合、何かをしたくなるかもしれませんが、何もしないようにと指示されているなら、行動はしてはいけません。

まとめ

この言葉は、時間をおかずにある場所に向かうときに用います。

すぐにでも何かしなければならない事態が発生したときに、用いることが多いです。

この言葉を伝えたら、すぐに出発をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました