「ご指南いただければ幸いです」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「ご指南いただければ幸いです」とは?ビジネス用語

「ご指南いただければ幸いです」というビジネス用語の「意味・使い方・例文・類語」を分かりやすく解説していきます。

「ご指南いただければ幸いです」とは?

「ご指南いただければ幸いです」とは、「教えていただければ幸せに思うこと」を意味しています。

「ご指南いただければ幸いです」は、「指導してもらえればありがたいこと」を意味しているビジネス用語なのです。

「ご指南いただければ幸いです」は、「ご(尊敬の意味の接頭語)+指南」「いただければ(謙譲語)」で敬語表現になっています。


「ご指南いただければ幸いです」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

「ご指南いただければ幸いです」はビジネスメール・会話で、「相手に何か丁寧に教えてもらいたいことがある場合」に使うという使い方になります。

「ご指南いただければ幸いです」は、「ビジネスに関連する方法・やり方(ノウハウ)・コツなどを教えて下さいと依頼するとき」に使われる表現なのです。

「ご指南いただければ幸いです」を使うときの注意点は「自分が相手から教えていただく立場」なので、「お願いする立場を前提として、敬語の使用をはじめとして敬意を込めたやり取りを心がけることが大切である」になります。


「ご指南いただければ幸いです」の正しい文章表現

「ご指南いただければ幸いです」の文章も間違ってはいないのですが、より強い敬意を込めた表現にしたいのであれば「ご指南いただければ幸いに存じます」で、「です」「存じます・ございます(謙譲語)」に言い換えると良いでしょう。

また「ご指南いただければ幸甚です・幸甚に存じます・幸甚でございます」もとても丁寧な正しい文章表現になります。

「ご指南いただければ幸いです」を使った例文

・『私のこの分野の仕事における経験が不足しておりますので、ご指南いただければ幸いです』
・『どんな些細なことでも構いませんので新規顧客層の拡大方法について、ご指南いただければ幸いです』
・『ビジネス現場をより良くする改善点にお気づきになりましたら、ご指南いただければ幸いです』

「ご指南いただければ幸いです」の類語や言い替え

・『ご指導いただければ幸いです』
・『ご教示いただければ幸いです』
・『ご指摘いただければ幸いです』
「ご指南いただければ幸いです」の言い回しの「ご指南」は、「指導すること・教えること」を意味しています。

そのため、「ご指南」「ご指導・ご教示・ご指摘」に言い換えることができるのです。

「相手からビジネス関連のやり方や手順などを教えてもらうことを意味する上記の言い回し」が類語として挙げられます。

まとめ

「ご指南いただければ幸いです」というビジネス関連の言葉を詳しく解説しましたがいかがでしたか。

「ご指南いただければ幸いです」の意味・使い方・例文・類語をリサーチしたいときは、この記事の解説を確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました