「いつもらった」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「いつもらった」の敬語とは?ビジネス用語

「いつもらった」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「いつもらった」の意味

「いつもらった」は、もらった時期を相手に尋ねるフレーズです。

これは文章からは断定できないものの、「いつもらった?」という疑問文になっていると想定できます。

「いつ」という言葉は、時間やタイミングが不明なことを示す言葉であり、それを問いかけるために使用されるのです。

また、「いつ」「何時」と表記でき、「どのような時」という意味を持っているのです。

なお、「もらった」「もらう」の過去形です。

これは、相手から何かを受け取ることを言い表した動詞なのです。


「いつもらった」の敬語での使い方や表現方法

「いつもらった」を敬語にすると、「いつもらいましたか」となります。

この場合は、丁寧語の「ます」を用いた敬語表現になっているのです。

たとえば、ある資料について会話していたとします。

そしてその資料は、お客様から受領したものだったのです。

このような場面で、「この資料は、お客様からいつもらいましたか」と述べるとよいでしょう。

これによって、資料を受け取った時期のことを、上手に質問できるのです。

また、「いつもらった」を別な敬語にする方法もあります。

たとえば「いつもらったのですか」「いつもらったのでしょうか」と言い換えできるのです。

このように、「いつもらった」を敬語にできると分かります。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。


「いつもらった」の言い換えや使用例

・『資料はいつもらいましたか』
・『電話をいつもらったのですか』
・『お問い合わせはいつもらったのでしょうか』
ここでは使用例を挙げています。

例文のように、「いつもらった」を敬語に言い換えると、違う印象の表現として活用できるのです。

まとめ

このように「いつもらった」は、もらった時期を相手に尋ねるフレーズです。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました