「率先垂範」と「実践躬行」の違いとは?分かりやすく解釈

「率先垂範」と「実践躬行」の違いとは?言葉の違い【2語】

この記事では、「率先垂範」「実践躬行」の違いを分かりやすく説明していきます。

「率先垂範」とは?

「率先垂範」とは人々の前に立って行動を起こし後に続く人の見本となることです。

率先はそのままでも使われる自分から先頭に立って何かをすることという言葉で、垂範は自ら模範となって手本を示すという意味になります。

だれもが尻込みしてしまうような困難であったりどう行動するのが正解か明らかではない場面で、まずは自分から動いて他の人はこうすれば良いのだと実践して見せるのが「率先垂範」と言えるでしょう。

「実践躬行」とは?

「実践躬行」とは自分が口に出した理論や主義思想を自分で行動して実行して見せることです。

実践は主義や理論を実際に自分で試すことを指す言葉で、躬行も口に出したことを自ら実行することという意味を持つため、同じ意味の言葉を並べることで意味を強調した言葉となります。

「実践躬行」は他の人に手本を示すために実行するというよりは、自分の理論や主義の正しさを証明するためや口だけの人間ではないあるいは空論ではないと証明するために実行することと言えるでしょう。

「率先垂範」と「実践躬行」の違い

「率先垂範」「実践躬行」の違いを、分かりやすく解説します。

自分から先頭に立って行動を起こして手本になることが「率先垂範」で、自分が口にしたり支持している理論や主義を実行して見せることが「実践躬行」です。

「率先垂範」はどうすればいいかを他の人に見せるために行動を起こしますが、「実践躬行」は理論や主義が間違っていないことや口だけでなく行動が伴っていることを証明するために行動を起こします。

まとめ

自分から行動して見せることでも何のために行動してみせるのかが「率先垂範」「実践躬行」の違いと言えるでしょう。

模範を見せてお手本になるためなら「率先垂範」で、実践して見せて理論の正しさを証明するためなら「実践躬行」になります。

タイトルとURLをコピーしました