「おいしいお食事」とは?ビジネスメールや敬語の使い方を徹底解釈

「おいしいお食事」とは?ビジネス用語

ここでは「おいしいお食事」の使い方やその際の注意点、言い替え表現などを詳しく見ていきます。

「おいしいお食事」とは?

「おいしいお食事」は、使い方によって少し意味が変わってくる言葉です。

自分がそれをいただいたといったシチュエーションで用いる時には、実際においしかった食事のこととなり、これから誰かにそれをすすめるという場面で使う時には、その相手においしいと思ってもらえるように使うことになります。

そちらの用い方の例では、「この後においしいお食事のご用意がございますので~」のような形になり、ビジネスシーンで会議の後にそれを用意しているといったような使い方をすることがあります。

自分がそれを食べたという使い方になる場合には、「この度はおいしいお食事をありがとうございました」などと、そのままそれをいただいたことへの感謝やお礼として使われることが多いです。

口語、文章のどちらでも使うことができ、プライベートなシーンでも何かの式などの改まった場を対象に用いられています。


「おいしいお食事」のビジネスメールや会話での使い方や使われ方、使うときの注意点

この「おいしいお食事」は、先のように自分がそれを食べた、または人にすすめるといった使い方以外にも、それのようですといった用い方ができます。

あまりない使い方になりますが、「とてもおいしいお食事だそうですので~」のように形で使うことになり、この場合と人にすすめる場合にはあくまでその相手においしいと思ってもらいたいと考えて使っているため、実際にそうなのかはまた別の問題になります。

また、食事というものは人によって好き嫌いというものがあります。

よって、それが分からない場合には仕方ありませんが、明らかにその人が嫌いだと知っているものが出ると分かっている場合には、あまり好ましくない表現です。


「おいしいお食事」を使った例文

・『先日はとてもおいしいお食事をふるまっていただき、ありがとうございました』
・『当日はおいしいお食事のご用意がありますので、お楽しみしておいてください』

「おいしいお食事」の類語や言い替え

・『ささやかなお食事』
この表現は、自分たちが提供する食事が粗末なものだという意味になります。

もちろん本当に粗末なものを出すという訳ではなく、あくまで謙譲として用いるもので、その相手に対する礼儀として用いる表現です。

まとめ

「おいしいお食事」は、自分がそう思った食事、またはそのようなものだと相手に伝えるための表現になります。

そうらしいといった使い方もできますが、自分が食べたという場合以外には、本当にそうかは分からないながら、そうであろうという意味で用いることになります。

タイトルとURLをコピーしました