木へんに耶で「椰」の読み方とは?簡単に解釈

木へんに耶で「椰」の読み方とは?読み方

この記事では、「椰」の読み方を分かりやすく説明していきます。

木へんに耶で「椰」の読み方

この漢字は、音読みで「ヤ」、訓読みで「やし」と読みます。

人名用漢字として使用できます。

「椰」の意味や解説

植物のヤシを意味する漢字です。

「ヤシ」という一つの植物を指しているのではなく、ヤシ科ヤシ属に含まれる植物を総称した呼び方です。

ヤシ科ヤシ属に含まれる植物には、ナツメヤシ、アサイー、ココヤシ、オウギヤシ、ババスなどがあります。

ナツメヤシの実はデーツと呼ばれています。

デーツはドライフルーツとして日本でも販売されており、そのまま食べたり、シリアルに加えたりなどされています。

甘味のある果実です。

アサイーはスーパーフードとして注目されています。

果実はブルーベリーのような見た目で、抗酸化作用が高いといわれています。

ココヤシからは、ココナッツミルクやヤシ油を得ることができます。

このように、ヤシ科の植物はさまざまなことに利用されています。


「椰」の熟語での使い方や使われ方

・『油椰子』【あぶらやし】
油をとるためのヤシのことです。

ヤシの実からは油をとることができ、日用品や食用などに利用されています。

・『砂糖椰子』【さとうやし】
ヤシ科の植物の一種です。

花軸から砂糖を作ることができます。

葉柄の繊維からはロープを作ることができ、茎の髄は食用になります。

・『棗椰子』【なつめやし】
ヤシ科の植物の一種です。

この植物の実は、ナツメヤシの実、デーツと呼ばれています。


まとめ

この漢字は「ヤ」「やし」と読みます。

ヤシ科ヤシ属の植物の総称です。

ヤシ科ヤシ属の植物にはさまざまなものがあり、日用品や食用に利用されています。

読み方
シェアする
新しい言葉
タイトルとURLをコピーしました