「言語道断」と「論外」の違いとは?分かりやすく解釈

「言語道断」と「論外」の違いとは?言葉の違い【2語】

この記事では、「言語道断」「論外」の違いを分かりやすく説明していきます。

「言語道断」とは?

「言語道断」「ごんごどうだん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「仏教用語で、真理は奥深いもので、とても言葉で表現できない」という元の意味です。

2つ目は転じて、「言葉で言い表せないことのひどいこと」という意味です。

3つ目は「言葉でいいようのないほど立派な様子」という意味です。

4つ目は「表現できないほど驚き嘆く気持ちを表す語」という意味です。

「言語道断」の言葉の由来など

「言語道断」「言葉に出して表現する方法が断たれること」という意味の四字熟語です。

仏教由来の言葉で、「仏教の教えの心理は奥深く、とても言葉で言い表せない」という意味です。

転じて「とて表現できない」という意味になりましたが、昔は良いこと・悪いと両方に使われていました。

現在では悪い意味で使われることがほとんどです。

「論外」とは?

「論外」「ろんがい」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「今の時点での議論に関係ないこと」という意味です。

2つ目は「もってのほかで、話し合う価値もないこと」という意味です。

「論外」の言葉の由来など

「論外」「論ずる範囲外」という意味で使われる言葉です。

由来や出典などなく、漢字の意味から使われています。

「論」「ものごとの道理を説く」「是非や善悪を述べる」という意味、「外」「物の表側」「ある範囲から離れた外側」「一定の枠・意向などからはずれること」という意味、「論外」「是非や善悪を述べる範囲から外れること」になります。

「言語道断」と「論外」の違い

「言語道断」「とても言葉で表現できないこと」です。

「論外」「是非や善悪を述べる範囲から外れること」です。

まとめ

今回は「言語道断」「論外」について紹介しました。

それぞれの違いを理解して、正しく使える様にしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました