木へんに焦で「樵」の読み方とは?使い方など簡単に解釈

木へんに焦で「樵」の読み方とは?使い方など簡単に解釈読み方

この記事では、木へんに焦で「樵」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「樵」の読み方

「樵」という漢字の音読みは「ショウ」で、訓読みは「きこり・きこる・こる」になります。

「樵」の漢字一文字だけで読むときには、生業として木を切る人を指している「きこり」と読みます。

音読みの「ショウ」という読み方も、「樵夫(しょうふ)・樵歌(しょうか)」などの「きこり」と関連した言葉で使われます。


「樵」の漢字の意味や解説

「樵」という漢字の基本的な意味は、「山や森林で木を切る人・きこり」になります。

「樵」の漢字には「木を切る人」「木を切ること」の意味合いがあります。

「樵」は特に、「薪(たきぎ)となる木を得るために木を切るきこり及び木を切る行為」を指し示している漢字なのです。

「樵」の漢字は訓読みで「こる」という読み方をしますが、これも「木を切ること」を意味している昔の動詞の言い方なのです。


「樵」の例文や使われ方

「樵」という漢字の例文や使われ方を紹介します。

「樵」の漢字は単独では「きこり」と読まれ、「樵を使った漢熟語」の多くも「樵夫・樵歌などのきこりと関連した言葉」になります。

室町時代に書かれた足利将軍の諮問に応えた書物「樵談治要(しょうだんちよう)」のような固有名詞でも使われています。

・『現代では樵夫(しょうふ)という職業で生計を立てることはまずできず、林業の作業の一部となっています』
・『かつての樵(きこり)は樵歌(しょうか)と呼ばれる定番の歌を歌いながら、大変な木材の切り出し作業をしていました』
・『薪(たきぎ)の燃料にするための木を切って集めることを樵り集む(こりつむ)という動詞で表現していました』

まとめ

この記事では、木へんに焦と書く「樵」の読み方・意味・使われ方と例文を詳しく解説しましたがいかがでしたか。

「樵」という漢字について詳しくリサーチしたいときには、この記事の解説をチェックしてみてください。

読み方
シェアする
新しい言葉
タイトルとURLをコピーしました