「大変な時にありがとう」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「大変な時にありがとう」の敬語とはビジネス用語

「大変な時にありがとう」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「大変な時にありがとう」の意味

「大変な時にありがとう」は、大変な状況下で何かしてくれたことに感謝を述べる言葉です。

「大変」は、「容易ではないこと」「苦労が多いこと」を意味します。

そして、そのような状況やタイミングのことを「大変な時」という言葉で表現できるのです。

ここでは、そのような状況下であるにもかかわらず、何かしてくれたことを強調しています。

これを述べる事で、「ありがとう」という言葉を、更に強い意味にする事ができるのです。

なお、「ありがとう」は、感謝の気持ちを表すための言葉になっています。


「大変な時にありがとう」の敬語での使い方や表現方法

「大変な時にありがとう」を敬語にすると、「大変な時にありがとうございます」となります。

この場合は、丁寧語の「ございます」を用いた敬語表現になります。

たとえば、部長が相談に乗ってくれたとします。

しかし部長は、重要な仕事でとても苦戦している最中なのでした。

このような場面で、「部長も大変な時にありがとうございます」と述べるとよいでしょう。

これによって、大変な状況下で相談に乗ってくれたことに、感謝を示す事ができるのです。

また、「大変な時にありがとう」を使って別な敬語にする方法もあります。

たとえば「大変な時に感謝いたします」「大変な時に感謝申し上げます」と言い換えできるのです。

このように、「大変な時にありがとう」を敬語にできると分かります。

実際の状況によって、適した言葉を選ぶようにするとよいでしょう。


「大変な時にありがとう」の言い換えや使用例

・『大変な時にありがとう』
・『先輩も大変な時にありがとうございます』
・『部長も大変な時に感謝申し上げます』
ここでは、「大変な時にありがとう」の使用例を挙げています。

例文のように、「大変な時にありがとう」を変化させて、違う印象の表現にできるのです。

まとめ

このように「大変な時にありがとう」は、大変な状況下で何かしてくれたことに感謝を述べる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました