「どうすればよろしいでしょうか」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「どうすればよろしいでしょうか」の敬語とはビジネス用語

「どうすればよろしいでしょうか」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「どうすればよろしいでしょうか」の意味

「どうすればよろしいでしょうか」は、相手に方法を尋ねる場合に使用できる言葉です。

「どう」は、方法が不明な場合に使用できます。

これを「どうすれば」とすることで、不明な方法を尋ねるような表現になります。

また、「よろしいでしょうか」「よいか」が変形したものです。

ここでは「よい」「よろしい」に言い換えて、丁寧に表現しています。

さらに、語尾を「でしょうか」にして、丁寧語の疑問文の形にしているのです。


「どうすればよろしいでしょうか」の敬語での使い方や表現方法

「どうすればよろしいでしょうか」は既に敬語になっていると言えます。

ここでは、丁寧語の「です」を用いた敬語にしているのです。

たとえば、上司から仕事の指示を受けたとします。

しかし、その仕事の進め方が全く分からないのでした。

このような状況で、「この仕事の進め方は、どうすればよろしいでしょうか」と伝えるとよいでしょう。

これにより、方法が分からないために教えてほしいことを、上手に伝達できるのです。

また、「どうすればよろしいでしょうか」を別な敬語にする事もできます。

たとえば「どのようにいたせばよいですか」「いかようにすればよろしいのですか」と表現できます。

このように、「どうすればよろしいでしょうか」を敬語で言い換えられると分かるのです。

実際の状況に合わせて、適した表現を選択するとよいでしょう。


「どうすればよろしいでしょうか」の言い換えや使用例

・『今後は、どうすればよろしいでしょうか』
・『計画は、いかようにいたせばよいですか』
・『進め方は、どのようにいたせばよろしいでしょうか』
ここでは、「どうすればよろしいでしょうか」の使用例を挙げています。

例文のように、「どうすればよろしいでしょうか」を敬語で言い換えると、違う印象の表現にできるのです。

まとめ

このように「どうすればよろしいでしょうか」は、相手に方法を尋ねる場合に使用できる言葉だと言えます。

ビジネスでも使えますので、しっかりおぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました