「できていない」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「できていない」の敬語とはビジネス用語

「できていない」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「できていない」の意味

「できていない」は、何かができていない状況を表現した言葉です。

これは、「できる」という言葉が変形したものです。

「できる」「物事が作られる」との意味を持ちます。

また、使い方によっては、「実現可能」を示すような意味にもなります。

これを「できている」と言い換えれば、「できる」という状態が維持されていることを表現できます。

そして、これを否定形にしたのが「できていない」という言葉なのです。

これは、そのまま使用すれば、「完成していない」のような意味になります。

また、「徹底できていない」のように使用すると、徹底という状態を実現していないことを言い表すものになるのです。

「できていない」の敬語での使い方や表現方法

「できていない」を敬語にすると、「できていません」となります。

この場合は、丁寧語の「ます」を用いた敬語表現になります。

たとえば、上司から仕事の進捗を問われたとします。

しかし、その仕事は、上手く進んでいなかったのです。

このような場面で、「今回の仕事は、効率的に推進できていません」と返答するとよいでしょう。

これによって、上手く進められていないことを、上手に表現できるのです。

また、「できていない」を使って別な敬語にする方法もあります。

たとえば「できておりません」「できていないのです」と言い換えできるのです。

このように、「できていない」を敬語にできると分かります。

実際の状況によって、適切な言葉を選ぶようにするとよいでしょう。

「できていない」の言い換えや使用例

・『まったくできていないようです』
・『上手く推進できていません』
・『全く信用できておりません』
ここでは、「できていない」の使用例を挙げています。

例文のように、「できていない」を敬語で言い換えれば、様々な表現を作り出せるのです。

まとめ

このように「できていない」は、何かができていない状況を表現した言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました