「そうだとありがたい」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「そうだとありがたい」の敬語とはビジネス用語

「そうだとありがたい」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「そうだとありがたい」の意味

「そうだとありがたい」は、そうであることを仮定した表現になっていると言えます。

「そう」は指示代名詞です。

これは、相手側に近い事物を指し示す言葉です。

また、「そうだと」「そうであると」「そうであれば」と同じ意味と言えます。

つまり、「そうであること」を仮定した表現になっているのです。

また、「ありがたい」「望ましい」「嬉しい」などと同じ意味で使用できます。

これらのことから、「そうであるならば嬉しい」と同じような意味で「そうだとありがたい」を使用できると分かるのです。


「そうだとありがたい」の敬語での使い方や表現方法

「そうだとありがたい」を敬語にすると、「そのようでしたらありがたく存じます」となります。

この場合は、丁寧語と謙譲語を用いた敬語表現になります。

たとえば、上司からある計画を聞かされたとします。

その計画が実現すれば、本当に嬉しいと思えるような内容になっていたのです。

このような場面で、「そのようでしたらありがたく存じます」と述べるとよいでしょう。

これによって、そうであることを前提に嬉しく思うような様子を、上手に表現できるのです。

また、「そうだとありがたい」を使って別な敬語にする方法もあります。

たとえば「そうでしたらありがたい」「そうだったらありがたく思います」のように言い換える事ができるのです。

これらのことから、「そうだとありがたい」を敬語で表現できると分かります。

実際の状況に応じて、適した言葉を選ぶようにするとよいでしょう。


「そうだとありがたい」の言い換えや使用例

・『もしそうだとありがたい』
・『本当にそうであればありがたく思います』
・『そのようでしたらありがたく存じます』
ここでは、「そうだとありがたい」の使用例を挙げています。

例文のように、「そうだとありがたい」を敬語にすると、違う印象の表現として使用できるのです。

まとめ

このように「そうだとありがたい」は、そうであることを仮定した表現になっていると言えます。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました