「いくらですか」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「いくらですか」の敬語とはビジネス用語

「いくらですか」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「いくらですか」の意味

「いくらですか」は、相手に量や金額を尋ねるために使用できるフレーズです。

「いくら」とは、「量」を尋ねるための言葉です。

これは「量」が不明な場合に使用できるものになっています。

また、これが転じて金額を尋ねる場面でも「いくら」が使用されます。

会計の場面なので「いくらですか」と料金を聞く事ができるのです。

また、ここでは丁寧語の「です」を用いています。

これを疑問文の形に変化させたのが、「ですか」なのです。

「いくらですか」の敬語での使い方や表現方法

「いくらですか」は既に敬語になっています。

ここでは、丁寧語の「です」を用いた敬語表現にしているのです。

たとえば、先輩と食事にいったとします。

そして、その場の食事代は、割り勘にすることになったのです。

このような場面で、「本日のお会計はいくらですか」と尋ねるとよいでしょう。

これによって、一人当たりの金額が何円なのかを、相手に尋ねる事ができるのです。

また、「いくらですか」を使って別な敬語にする方法もあります。

たとえば「おいくらですか」「いくらでしょうか」と言い換えできるのです。

このように、「いくらですか」を違う形の敬語にできると分かります。

実際の状況に応じて、適した言葉を選ぶようにするとよいでしょう。

「いくらですか」の言い換えや使用例

・『お会計はいくらですか』
・『本日の料金はおいくらでございますか』
・『昨日の代金はいくらでしょうか』
ここでは、「いくらですか」の使用例を挙げています。

例文のように、「いくらですか」を変化させれば、印象の違う表現にできるのです。

まとめ

このように「いくらですか」は、相手に量や金額を尋ねるために使用できるフレーズです。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました