「悪口雑言」と「罵詈雑言」の違いとは?分かりやすく解釈

「悪口雑言」と「罵詈雑言」の違いとは?言葉の違い【2語】

この記事では、「悪口雑言」【あっこうぞうごん】と「罵詈雑言」【ばりぞうごん】の意味や違いを分かりやすく説明していきます。

「悪口雑言」とは?意味

様々な悪口を口にまかせて言うことを「悪口雑言」【あっこうぞうごん】といいます。

嫌いな相手に対して罵ったり、見下すような言葉をぶつけるのです。

元々の意味は様々な悪い言葉を並べるといった意味がある「雑言」と、「あっこう」といった意味合いで使われる悪口を掛け合わせています。

散々人を罵倒したり、汚い言葉を吐くといった場面で使われている言葉です。

「罵詈雑言」とは?意味

耳を塞ぎたくなるほど汚いと感じる言葉を並べ立てて、人の悪口を言うことを「罵詈雑言」【ばりぞうごん】といいます。

聞くに耐えられなくなるほど酷いと思う言葉や、辛くなるほど下品な言葉を並べ立てるという意味がある言葉です。

これでもかと相手が精神的に傷つく悪口の限りを尽くし、楽しむといった人の行為はまさに「罵詈雑言」になります。

「悪口雑言」と「罵詈雑言」の違い

「悪口雑言」「罵詈雑言」の違いを、分かりやすく解説します。

あれこれと思い存分に悪い言葉を使って罵り、相手を落ち込ませることを「悪口雑言」といいます。

どうでもいいような話をわざと取り上げて、悪口を言いふらすといった嫌がらせをするといった状況で使うわけです。

もう一方の「罵詈雑言」は相手が辛くなるほど汚い言葉で罵るといった意味があります。

大きな声で罵ったり、酷い言葉で陥れるといった意味が含まれているわけです。

「悪口雑言」は相手の悪いところを強調しますが、「罵詈雑言」は相手が罵倒して倒すといった意味が含まれているところが違います。

「悪口雑言」の例文

・『勢いに任せて悪口雑言する兄の態度に怒りが込み上げてくる』
・『部下を見下し、悪口雑言で責め立てる上司を一致団結して追放した』

「罵詈雑言」の例文

・『酒で酔った兄の罵詈雑言に耐えかねて、家族は家から出て行った』
・『顧問の罵詈雑言は部員の士気を失わせ、最下位という結果を出した』

まとめ

どちらも似ている言葉ですが、少し意味に違いがありますので、状況に応じて自分なりにうまく使い分けてみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました