「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の英語とは?英文(english)を分かりやすく解釈

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の英語とは?英語

この記事では、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の英語を分かりやすく説明していきます。

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」とは?英語での使い方

・『Sorry for the inconvenience. 』
・『I apologize for the inconvenience. 』
・『I’m sorry for the problem. 』

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の英語の概要

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」という意味を表す英語の表現はいくつかあります。

一つ目の表現は「Sorry for the inconvenience. 」になります。

「Inconvenience」「不都合」「迷惑」という意味の名詞になります。

「the inconvenience」の後に「caused」「I have caused」という表現が付く場合もあります。

これと同様の意味で使われる表現が「I apologize for the inconvenience. 」になります。

「sorry」と比べて「apologize」を使うとより丁寧な表現になります。

三つ目の表現は「I’m sorry for the problem. 」になります。

これも同様に後ろに「caused」「I have caused」という表現が付く場合もあります。

「お手数をおかけしました」というニュアンスを持っています。

まとめ

英語の「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」を詳しく解説しましたがいかがでしたか。

「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」の英語について知りたいときは、この記事の説明をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました