「〜という理解でよろしいでしょうか」とは?ビジネスでの使い方や敬語や言い換えなど分かりやすく解釈

「〜という理解でよろしいでしょうか」とは?ビジネス用語

この記事では、ビジネスシーンでしばしば使われる 「~という理解でよろしいでしょうか」との表現について、その意味や使い方等を分かりやすく説明します。

「~という理解でよろしいでしょうか」とは?意味

「~という理解でよろしいでしょうか」の文字通りの意味としては「~という認識でよいでしょうか」と言った意味で、相手の方が話された内容等を、自分はこのように理解・認識・解釈したと自分の言葉で復唱する場合に使われる表現です。


「~という理解でよろしいでしょうか」のビジネスでの使い方や使われ方、使うときの注意点

ビジネスにおいては、相手の話している内容を正しく理解して、それに対して適切に対応することが常に求められます。

しかし、相手の方が常に分かりやすく話す人ばかりではなく、言い回しが冗長的で分かりにくかったりすることも少なくありません。

また、日本語にはニュアンスが違う色々な意味で使われる表現もあり、自分が理解・認識したことが正しいのか、不安に思うこともあります。

そんな時に、「~という理解でよろしいでしょうか」とニュアンスを取り違えることがない明確な表現で、聞き直す場合に使われます。

また議論している際に、相手の間違いを見つけて、そのポイントを突いて相手に間違いだと指摘する前に、そのポイントを「~という理解でよろしいでしょうか」と確認し、言い逃れられないようにするために使われることもあります。

いずれの使い方の場合も、相手の話した内容を反復することになるので、何度も使うとそんな理解力しかないのかと、相手の方をいら立たせる可能性があるので、使い過ぎないように注意が必要と言えます。


「~という理解でよろしいでしょうか」を使った例文

・『先ほどのご発言は、○○という理解でよろしいでしょうか』
・『あなたの主張の骨子としては、○○という理解でよろしいでしょうか』
・『それは、端的な表現に言い換えれば○○という理解でよろしいでしょうか』

「~という理解でよろしいでしょうか」の類語や言い換え

「理解」の類語としては「認識」「解釈」が挙げられます。

従って、「~という理解でよろしいでしょうか」は、「~という認識でよろしいでしょうか」や、「~という解釈でよろしいでしょうか」と言い換えることが出来ます。

まとめ

「~という理解でよろしいでしょうか」の文字通りの意味としては「~という認識や解釈でよいでしょうか」との意味で、相手の方の話された内容を間違えて理解していないかを問いただす場合に使われる表現です。

絶対に間違ってはいけない際に使うべき表現で、頻繁に使うと自分の理解力が疑われるので注意が必要だと言えます。

タイトルとURLをコピーしました