「来れない」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「来れない」の敬語とは?ビジネス用語

「来れない」の敬語とはどのように使う?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「来れない」の意味

「来れない」という言葉は、来ることが出来ないことを意味しており、会いたい人がこちらの方に会いに来てくれない時などに使用します。

仕事の場面では、会議などに出席予定だった人が、出席できなくなってしまった時などに「来れない」と表現することがあります。

本来は来てくれるはずの人が行かずに代わりに別の人が目的地に行ったときなども、先方に対して、本来行くべき人が「来れない」といった表現をします。

「来れない」の敬語での使い方や表現方法

「来れない」の敬語での表現は、「来れません」「いらっしゃれません」などとなります。

すごく丁寧な言い方をする場合には、謙譲語として「伺うことが出来ません」といった表現も使われます。

また、会議や打ち合わせ等に「来れない」という場合には、単純に「出席ができません」という言い方をすることもできます。

「来れない」ことに対して、相手に申し訳ない気持ちがある場合には、「誠に申し訳ありませんが」を頭に付けて「伺うことができません」というとよいでしょう。

「来れない」の言い替えや使用例

・『上司は別件の都合で伺うことができません』
・『会議に出席予定だった先生が来れなくなりました』
・『先方より連絡があり、訪問予定だった部長がいらっしゃれなくなりました』
「来れない」の敬語表現としては、身近な人との会話であれば「来れません」で十分でしょう。

目上の方などに丁寧に表現するのであれば、「伺うことができません」等の言い方が良いでしょう。

まとめ

「来れない」という言葉は、打ち合わせ等が多い職場では使用することが多いので、しっかりと敬語表現を使いこなせるようになっておくとよいでしょう。

「来れない」をメールや会話で正しく敬語で伝えることが出来れば、コミュニケーションも円滑になり、目上の方に対する敬意もしっかりと表現できるようになります。

タイトルとURLをコピーしました