「相対評価」と「絶対評価」の違いとは?分かりやすく解釈

「相対評価」と「絶対評価」の違いとは?言葉の違い【2語】

この記事では、「相対評価」「絶対評価」の違いを分かりやすく説明していきます。

「相対評価(そうたいひょうか)」とは?

「相対評価」とは、「個人の能力や成績などを同じ集団の他者と比較し、相対的な位置づけを決める評価方法」を意味する言葉です。

集団準拠型の評価方法であり、主に学校の成績や企業における人事評価などに用いられています。

「相対評価」は予め決められたランクとランクごとの人数に、成績上位者から順に割り振っていきます。

例として、Sランク評価は1人、Aランク評価は3人、Bランク評価は5人といったように割り振ります。

「相対評価」は評価をバランス良く割り振れることから、日本の評価制度で長年愛用されてきました。


「相対評価」の使い方

「相対評価」はバランスの良い評価や評価による格差を設けたいときに使用されます。


「絶対評価」とは?

「絶対評価」とは、「定められた目標を基準にして、個人の能力や成績を見定める評価方法」を意味する言葉です。

同じ集団のレベルによる影響を受けず、純粋に個人が基準に達しているかどうかで評価を行うため、より個人の能力が評価に反映されやすいのが「絶対評価」の長所です。

そのため、個人のスキルアップやモチベーションの向上に繋がりやすいと言われています。

日本では、近年、この「絶対評価」が採用されています。

「絶対評価」の使い方

「絶対評価」は個人の育成を促したいときなどに使用されます。

「相対評価」と「絶対評価」の違い

「相対評価」は個人の能力や成績などを同じ集団の他者と比較して、相対的な評価を決める方法であり、一方、「絶対評価」は予め定めた基準をもとにして、個人の評価を決める方法になります。

まとめ

「相対評価」「個人の能力や成績などを同じ集団の他者と比較し、相対的な位置づけを決める評価方法」を意味する言葉であり、「絶対評価」「定められた目標を基準にして、個人の能力や成績を見定める評価方法」を意味する言葉でした。

「相対評価」には評価の全体的なバランスを保てるなどのメリットがあり、「絶対評価」には個人のスキルアップやモチベーションの向上を促せるというメリットがあります。

タイトルとURLをコピーしました