「略装」の読み方と意味とは?「りゃくそう」と「りゃくと」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「推考」の読み方と意味とは?読み方

「略装」という言葉は服装に関係する言葉です。

表しているのはどのような服のことで何と読むのが正しい読み方なのでしょうか。

今回は、「略装」の正しい読み方と意味について解説します。

「略装」の正しい読み方は「りゃくそう」と「りゃくと」どちら

「略装」という言葉の読み方としては「りゃくそう」「りゃくと」の2つが考えられます。

「りゃくそう」「りゃくと」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。


正しい読み方の結論

「略装」の正しい読み方は「りゃくそう」です。

「略」「略語」【りゃくご】「前略」【ぜんりゃく】など「りゃく」と読みます。

「装」「装備」【そうび】「軽装」【けいそう】など「そう」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「りゃくそう」「略装」の正しい読み方です。


「略装」の意味

「略装」とは、「正式な服装から簡略化された服装」を意味する言葉です。

服装はマナーに合わせて正式な装いが決められています。

正式な場面には正式な装いを着用するのがマナーですが、正式な場面ではない時は正式な服装に準ずる簡略化された服装を着てもマナー違反にはなりません。

正式な服装から簡略化された略式の服装が「略装」です。

式典に出席する際の男性の服装は燕尾服が正装でモーニングやタキシードは燕尾服を簡略化した「略装」にあたります。

日本の一般的なマナーでは礼服と呼ばれるブラックスーツが「略装」です。

「略装」の言葉の使い方や使われ方

・『式典に略装で出席するのはマナー違反だ』
・『タキシードは略装である』
・『軍服には礼装の他に略装もある』

まとめ

「略装」の正しい読み方は「りゃくそう」「りゃくと」とは読みません。

服装のマナーは細かく決められているので出席する場にふさわしい服装を着用してください。

読み方
シェアする
新しい言葉
タイトルとURLをコピーしました