「把握しておいてください」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「把握しておいてください」の敬語とは?ビジネス用語

「把握しておいてください」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「把握しておいてください」の意味

「把握しておいてください」は、何かに備えて事前に把握することをお願いする言葉です。

「把握」「握ること」を意味します。

これは「手に取って握ること」を言い表した言葉です。

これが転じて、「理解すること」「制御下に置くこと」の意味で使用されます。

また、「しておく」とは、何かに備えて事前に行動する様子を表現したものです。

これに尊敬語の「ください」を加えて、「把握しておいてください」としているのです。

これによって、予め何かを理解したり掌握したりしてほしいことを、上手に表現できるのです。


「把握しておいてください」の敬語での使い方や表現方法

「把握しておいてください」は既に敬語になっています。

「ください」が尊敬語になっており、相手への敬意を含むものなのです。

たとえば、会議資料を事前配布したとします。

そのような状況で「内容を事前に把握しておいてください」と述べる事ができます。

これによって、事前に内容を理解しておくように、相手に依頼できるのです。

また、これを他の敬語表現にすると、「把握しておくようお願いします」「把握しておいていただきたい」などに置き換える事が可能です。

どれも同じような意味ですが、印象の違う表現にできるのです。

実際の状況に応じて、適した表現を選択するとよいでしょう。


「把握しておいてください」の言い換えや使用例

・『事前に把握しておいてください』
・『あらかじめ把握しておいていただきたい』
・『できるだけ把握したおいてくださいますと幸いです』
ここでは、「把握しておいてください」を使った使用例を挙げています。

例文のように、前後に言葉を付け加える事で、自然な表現を作り出せるのです。

まとめ

このように「把握しておいてください」は、何かに備えて事前に把握することをお願いする言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました