「引き受ける」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「引き受ける」の敬語とは?ビジネス用語

ここではタイトルの通り「引き受ける」という言葉の正しい意味や、仕事などでの敬語での使い方、より分かりやすい言い換えについて徹底解釈していきます。

「引き受ける」の意味

この言葉には相手の用件を引き継ぐという意味と、自分が物事を受け持つという2つの意味があります。

また、どちらの場合も「引き受ける」側が責任をもって行うという意思が込められています。

この言葉を使った不誠実な対応は相手の信頼を著しく損ねてしまうため、誠意をもって取り組みましょう。

「引き受ける」の敬語での使い方や表現方法

「引き受ける」はビジネス上で頻繁に使います。

よくあるやり取りとしては上司からの仕事の依頼などでしょう。

その際は尊敬の接頭辞の「お」と謙譲語の「いたす」を用いて「お引き受けいたします」とへりくだって言い表します。

つづいて、相手に引き受けてもらいたい場合は、「してもらう」の謙譲語である「いただく」や丁寧語の「ください」を用いて、「お引き受けいただく」「お引き受けください」となります。

この場合の使い方の注意点として、相手に不快感を与えないように文脈の前後に頼んで申し訳ない気持ちや相手を気遣う表現を加えることが重要です。

また、類語としては「承りました」「承知いたしました」「かしこまりました」が挙げられます。

どれも案件に対して了承や理解という意味での返答として、おすすめです。

「引き受ける」の言い換えや使用例

・『今回の大役、若輩ながらお引き受けいたします』
・『恐れ入りますが、何卒お引き受けくださいますようお願い申し上げます』
・『承知いたしました。誠心誠意対応に努めます』
上記例文のような表現や言い換えを使用すると、様々なシーンで「引き受ける」を使いこなせるでしょう。

また「何卒」「誠心誠意」などを加えて表現することで、より相手に自分の真摯な気持ちが伝わります。

まとめ

「引き受ける」とは自分が責任をもって物事を受け持つ、成し遂げるという意味です。

こちらが引き受けるときは謙譲表現や「かしこまりました」などの同類語を利用し、目上の人に引き受けてもらうときには表現に十分配慮して対応しましょう。

タイトルとURLをコピーしました