「作る」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「作る」の敬語とは?ビジネス用語

「作る」の敬語とは?

言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「作る」の意味

「作る」は、材料などを用いて何かを意味のあるものに仕上げることを意味します。

「作る」は動詞ですが、「作成する」のように名詞を使って言い表す事もできます。

また、「作る」という言葉は広い意味で用いられます。

何かを新に生み出すような場合に、「作る」という言葉を使用できるのです。

本来の意味である「作品を作る」のような使い方もあれば、「友人を作る」「仕事を作る」のように、人物や概念に対しても広く使用できるのです。

「作る」の敬語での使い方や表現方法

「作る」を敬語にすると、「作ります」となります。

この場合は、丁寧語を用いた敬語表現になるのです。

たとえば、あなたが上司から資料の作成依頼を受けたとします。

そしてその資料は急いで仕上げる必要があったのです。

このような場面で、「資料はすぐに作ります」と表現できます。

これによって、丁寧な言葉遣いで、作ると相手に伝達できるのです。

また、「作る」を使って別な敬語にする方法もあるのです。

たとえば「お作りいたします」とすれば謙譲表現になります。

また「作成なさる」のように尊敬語に置き換える手段もあります。

これらのことから、「作る」を様々な形で使用できると分かります。

実際の状況に合わせて、適切な表現を選ぶようにするとよいでしょう。

「作る」の言い換えや使用例

・『すぐに資料を作るべきです』
・『社会人になって初めて友達を作りました』
・『ご依頼いただいた通りに作成いたします』
ここでは、「作る」を使った使用例を挙げています。

例文のように、「作る」を言い換えることによって、違う印象の表現を生み出せるのです。

まとめ

このように「作る」は、材料などを用いて何かを意味のあるものに仕上げることを意味します。

ビジネスでも使用できる言葉ですので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました