「鉄骨」の読み方と意味とは?「てっこつ」と「てつほね」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「鉄骨」の読み方と意味とは?読み方

この記事では、「鉄骨」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「鉄骨」の正しい読み方は「てっこつ」と「てつほね」どちら

「鉄骨」の正しい読み方はどちらが正しいのか見ていきましょう。


正しい読み方の結論

「鉄骨」「てっこつ」と読みます。

「てつほね」と読むのは間違いです。

「骨」は音読みで「こつ」、訓読みで「ほね」と呼びます。

「鉄骨」の場合は、音読みで「てっこつ」と読むようにしましょう。


「鉄骨」の意味

「鉄骨」は、「コンクリート建造物の骨組みに使う鉄材」という意味があります。

コンクリート製の住宅などを作るときに、骨組みとして使う鉄でできた材料のことを「鉄骨」と呼びます。

ちなみに、「骨組み(ほねぐみ)」には、「建造物や機械などの基礎的な構造の部分」という言葉があります。

「鉄骨」を基礎的な構造として使っている建物を、「鉄骨造」と呼びます。

一方で、柱などの基礎的な構造の部分を、木を使って作っている場合は、「木造」と呼ばれ、木造住宅などと呼ぶことになります。

「鉄骨」の言葉の使い方や使われ方

・『完成してから10年以上たち、観覧車の鉄骨が風雨にさらされて色あせてしまった』
・『鉄骨だけの廃墟となった、かつての自宅の前でたたずむ帰還兵』
・『この建物は古くてボロボロに見えるが、鉄骨を使っているため強度は十分だ』

まとめ

「鉄骨」「てっこつ」と読みます。

コンクリート建造物の骨組みに使う鉄材のことを、「鉄骨」と呼び、「鉄骨」を柱など、基礎的な構造部分として使っている建物のことを、「鉄骨造」などと呼びます。

コンクリートでできた家を建てる時などに、鉄材でできた骨組みを希望する場合は、「鉄骨」という言葉を使ってみてはいかがでしょうか。

読み方
シェアする
新しい言葉
タイトルとURLをコピーしました