「許容する」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「許容する」の敬語とは?ビジネス用語

「許容する」の言葉の使い方や敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「許容する」の意味

「許容する」とは許すと言う意味の表現言葉です。

科学的用語では、許容範囲(許容電流、許容電圧、耐えうる許容範囲)の意味合いで用いることも多いです。


「許容する」の敬語での使い方や表現方法

「許容」から「許容範囲」を連想し、NGではない範囲のイメージが強い方が多いのではないでしょうか。

また、「許」は、許す意味合いですが、仕事の仲間内に気軽に「許容範囲」「それは許される範囲でしょう」「それは許容の範囲だから、問題はないよ」の様な表現で使っているのではないでしょうか。

しかし、「許す」の意味合いから、ビジネス敬語では、「ご容赦」を敬語表現で用いることが多いのです。

自分が許してもらう側で用いることにも注意してください。

つまり、詫びる意味合いが含まれている必要があるからです。

上側の解釈と下側の解釈では、真逆の意味になってしまうことが分かると思います。

本来のビジネス敬語での表現には、この様な意味合いがあるのです。

その為、「ご容赦のほど、お願い申し上げます」「ご容赦いただきたく存じます」「ご容赦いただければ幸いです」などが正しい表現方法になってきます。

もちろん、科学用語の意味合いで、「許容範囲」の表現を使う場合には、何も問題はありません。


「許容する」の言い換えや使用例

・『ご容赦のほど、お願い申し上げます』
・『ご容赦いただきたく存じます』
・『ご容赦いただければ幸いです』
上の例で、相手に許しを乞う表現例を3つ挙げました。

まとめ

ビジネスシーンで、「許容してもらう」というと、「ご容赦」、つまり、許しを乞うケースが多いと思います。

お客様に許しを乞うのですから、NGとなる表現は多いでしょう。

相手を不快にさせてしまうと、許すどころではなくなってしまいます。

表現に注意して、上手く活用してもらえば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました