「許可して」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「許可して」の敬語とは?ビジネス用語

「許可して」の敬語とは?

言葉の使い方や敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「許可して」の意味

ここでは「許可して」の意味を解説していきます。

「許可して」は、「許可する」が連用形になった言葉です。

「許可」「許し認めること」を意味します。

これは、願いを聞き入れたり、実行してもよいと許しを与えたりすることを意味する言葉です。

ここでは動詞の「する」を加えて「許可する」と表現しています。

この「許可する」の語尾が連用系になったのが、「許可して」という言葉なのです。

そのため、「許可してください」「許可してみたい」など、組み合わせる言葉次第でさまざまなアレンジが可能になるのです。

「許可して」の敬語での使い方や表現方法

それでは、「許可して」の敬語での使い方や表現方法には、どんなものがあるのでしょう。

「許可して」を敬語にする場合、「許可なさって」「許可いたして」とするとよいでしょう。

この場合は、尊敬語や謙譲語を使用することによって、相手に敬意を表明できます。

また、「許可してください」「許可していただきたい」のように、組み合わせる言葉によって敬語を実現する方法もあります。

さらに接頭語を使用して、「ご許可ください」「ご許可いただきたい」と表現してもよいでしょう。

さらには、「許して」「認めて」など、類似の言葉を使って代替する事も可能です。

使用する状況に応じて、適切な表現を選択するとよいでしょう。

「許可して」の言い換えや使用例

・『今回は特別に、許可してもらうつもりです』
・『あのように申してますので、許可なさってはいかがでしょうか』
・『せめて今期だけでも、認めてもらえませんか』
ここでは、「許可して」を使った例文を挙げています。

例文のように、敬語や言い換えを使う事で、さまざまな形で表現できるのです。

まとめ

このように「許可して」は、「許可する」が連用形になった言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉なので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました