「見ておいて」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「見ておいて」の敬語とは?ビジネス用語

「見ておいて」の敬語とは?

言葉の使い方・敬語や言い換えを徹底解釈していきます。

「見ておいて」の意味

この言葉は、何かに備えて事前に見ることを表現した言葉です。

これは、「見る」という動詞がベースになっています。

これに「しておく」という言葉を組み合わせることで、「見ておく」という表現になります。

これは、将来生じる何かに備えて、あらかじめ行動しておく様子を表現しています。

加えて、「見ておく」の語尾を活用することで、「見ておいて」という形にしています。

これにより、相手に「見ておく」ように依頼する言葉にできます。

また、「見ておいてください」と、言葉を続けて述べる事ができる形にもなっているのです。

「見ておいて」の敬語での使い方や表現方法

この言葉を敬語で使用する際は、「見ておいてください」と表現できます。

この場合は、尊敬語を使用して敬語表現にできるのです。

また、謙譲語の「いただく」を使用して、「見ておいていただきたい」とする事もできます。

他にも、「見ておいてほしいと思います」のように、丁寧語にする手段もあります。

加えて、「ご覧になっておいて」のように、「見る」を尊敬語に変更する手段もあるのです。

これらのことから、「見ておいて」という言葉を色々な形で表現できると分かります。

状況に応じて、柔軟に使い分けることをおすすめします。

「見ておいて」の言い換えや使用例

・『もう少し見ておいてください』
・『事前に見ておいてもらえますと幸いです』
・『ご覧になっておいてくださいせ』
ここでは、この言葉を使った例文を挙げています。

例文からも分かる通り、敬語や言い換えを使うことによって、さまざまな表現を作り出せます。

組み合わせる言葉の選択によって、上手に使いこなすとよいでしょう。

まとめ

このようにこの言葉は、何かに備えて事前に見ることを表現したフレーズです。

ビジネスでも使用できる言葉なので、おぼえておくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました