「申し訳ない」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「申し訳ない」の敬語とは?ビジネス用語

「申し訳ない」の敬語とは?

言葉の使い方や敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「申し訳ない」の意味

「申し訳ない」は、相手に対して引け目を感じるような場面で使用できる言葉です。

これは、謝罪の言葉としても使用できます。

「申し訳ない」と述べれば「ごめんなさい」に近い意味の言葉にできるのです。

なお、「申す」「言う」の謙譲語です。

つまり、「言い訳の言葉すらない」ような状況を、「申し訳ない」と表現できます。

これは、相手に対して言い訳すらできないので、ただ謝るしかないような様子を表現しているのです。

「申し訳ない」の敬語での使い方や表現方法

「申し訳ない」を敬語にすると、「申し訳ありません」になります。

「ない」を丁寧語で言い換えたのが「ありません」なのです。

また、同じように「申し訳ございません」と表現する事も可能です。

「ございません」のほうが、より丁寧な言葉遣いになるのです。

また、「謝罪いたします」「謝罪の言葉もございません」のように、同じような意味を持つ言葉で置き換えてみるのもよいでしょう。

どれも「申し訳」ないと同じような意味ですが、それぞれ違う印象の言葉にできるのです。

これらのことから、「申し訳ない」を様々な形に変化して使用できると分かります。

実際の状況に合わせて、適切な言葉を選ぶようにするとよいでしょう。

「申し訳ない」の言い換えや使用例

・『申し訳ない気持ちでいっぱいです』
・『この度の件は、本当に申し訳ありません』
・『ご迷惑ばかりおかけして、大変申し訳ございません』
ここでは、「申し訳ない」を使った使用例を挙げています。

例文からも分かる通り、他の言葉を組み合わせて使用することで、自然な表現を作り出せるのです。

まとめ

このように「申し訳ない」は、相手に対して引け目を感じるような場面で使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉なので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました