「恐れる」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「恐れる」の敬語とは?ビジネス用語

「恐れる」の敬語とは?

言葉の使い方や敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「恐れる」の意味

ここでは、「恐れる」の意味を解説していきます。

「恐れる」は、「恐いと思う」「恐怖を感じる」との意味で使用できる言葉です。

何かを「恐れる」理由には、様々なものがあります。

それは、生命を脅かされる場合、自分の立場や権利が侵害される可能性がある場合などが挙げられます。

そして、いずれの場合でも、何かを想像して恐いと思うことを、「恐れる」という動詞で表現できるのです。

「恐れる」の敬語での使い方や表現方法

それでは、「恐れる」の敬語での使い方や表現方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

「恐れる」を敬語にする場合は、「恐れます」となります。

動詞に丁寧語を組み合わせる場合には、「です」ではなく「ます」を使用するのです。

また、これを尊敬語で言い換える場合は、「恐れられる」「お恐れになる」のように表現できます。

また、名詞の「恐怖」を使用して、「恐怖する」「恐怖いたします」のように表現する方法もあるのです。

なお、「いたす」を使用した場合には謙譲語の意味を持ちます。

自分の行為をへりくだって表現する事で、相手に敬意を示す効果があるのです。

様々な表現で「恐れる」を使用できますので、状況に合わせて柔軟に使い分けるとよいでしょう。

「恐れる」の言い換えや使用例

・『上司を恐れる感情が湧きあがりました』
・『新しいチャレンジを、恐れないようにしたいと思います』
・『それ以来、ライバル企業の戦略を恐怖することになりました』
ここでは、「恐れる」の言い換えや使用例を挙げています。

例文のように「恐れる」をそのまま使用してもよいですし、変形して使用する事も可能です。

状況によって、適切な表現を選択するとよいでしょう。

まとめ

このように「恐れる」は、「恐いと思う」「恐怖を感じる」との意味で使用できる言葉です。

ビジネスでも使用できる言葉なので、上手に活用するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました