「合ってますか」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「合ってますか」の敬語とは?ビジネス用語

「合ってますか」の敬語とはどういった言い方?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「合ってますか」の意味

「合っていますか」とは、「合う」「いますか」という疑問の表現を組み合わせたものとなっており、日常でも使用することが多い言葉です。

「合う」という言葉は、一定の基準等の物事がマッチしているということであり、「合っていますか」という言葉の意味としては、行動や動作、やり方などが基準等に当てはまっているかを確認したいといういものです。


「合ってますか」の敬語での使い方や表現方法

相手に投げかけるときに使用する「合っていますか」という言葉は、それ自体が丁寧語の敬語表現としてそのまま使用することが出来ます。

しかし、ビジネスシーンで、上司などの目上の人などに資料を提出して「合っていますか」という聞き方は、少し幼い表現と感じられます。

その場合、「合っていますか」という言葉を、「正しいでしょうか」「間違っていないでしょうか」という言い方に変えるとよいです。

資料などの確認を頂く場合、「合っていますか」という意味で、「ご査収ください」という言葉などを言い換えとして使用することもできます。


「合ってますか」の言い替えや使用例

・『この資料の方向性は間違っていないでしょうか』
・『提出された報告書の書式はわが社の基準に合っていますか』
・『この前提出した文書をご査収ください』
ビジネスの場面であっても、多少フランクな関係にある上司が相手であれば、「合っていますか」という言い方でも良いです。

場面に応じていろいろな表現を使い分けるとよいです。

まとめ

報告書や資料などを確認していただく場面は多数あるので、「合っていますか」という言葉の使い方や表現方法、別の言葉への言い換えなどはしっかりと学んでいくと便利です。

とっさの場面でもしっかりと使い分けをすることが出来ると相手に対して失礼がなくなります。

タイトルとURLをコピーしました