「難しい」の敬語とは?言葉の使い方やビジネス敬語・言い換えを徹底解釈

「難しい」の敬語とは?ビジネス用語

「難しい」の言葉の使い方や敬語・言い換えを徹底解釈していきます。

「難しい」の意味

自分あるいは自社が何らかの壁がある、ハードルが高いなどの理由によって、依頼内容を実行することが困難である、完遂できない意味を表す表現です。


「難しい」の敬語での使い方や表現方法

「そのご依頼は弊社にとって、非常に困難と存じます」「その件は我々には、ハードルが高く、非常に難しいと思います」が社外の方に対する回答の表現の一つです。

「難しい」「困難」「ハードルが高い」という表現も同様に用いることができます。

ビジネスにおいて、必要なのは「人、物、金」とよく言われます。

相手から依頼、提案を受けた場合、何が難しいのでしょうか。

定形業務でない以上、ある程度難しい事にチャレンジすることは必要になってきます。

そういった面で、何が難しいのかを追加することも、取引先と継続して、仕事をしていくには必要な事であり、その様な事を分析して相手に伝えることは、自分、自社の信頼度が上がります。

具体例で述べると、時期的な問題であれば、依頼を受ける時期をずらすことを相手は検討することになります。

人が問題、即ち、工数の問題なのか、スキル不足が問題なのかによって、対策は変わってきます。

単純に依頼をお断りするか、時期をずらす、社業範囲を見直してもらうなどの工夫を相手にしてもらえば、受注につながるケースが出てきます。

よって、「現状は他の案件で工数不足の為、非常に困難と存じます」「弊社には、依頼の部分のスキルが不足している為に、非常に困難と存じます」と表現します。

いかがでしょうか。

この様に回答すると、相手はその壁をどの様に払拭すると、依頼を受けてもらえるかを考える、あるいは今回は別の会社を探すと次のアクションがより明確化してきます。

また、相手からはここの会社は信頼できる会社と思ってもらえます。


「難しい」の言い換えや使用例

・『難しいと存じます』
・『現状は他の案件で工数不足の為、非常に困難と存じます』
・『弊社には、依頼の部分のスキルが不足している為に、非常に困難と存じます』
上の例では、一番シンプルな例と難しい原因を追加して述べる表現を挙げました。

まとめ

相手によって、シンプルに答える方が良いか、難しい事の理由を付けて回答する方が良いかは状況次第なので、上手く活用して下さい。

タイトルとURLをコピーしました